れいるのおと

撮り鉄、乗り鉄、模型鉄、たまに鉄道旅行。あれこれかじってます。20時頃更新→朝更新に切り替え

タグ:EF510

EF510北斗星色入線の記事でも予告したように、買い忘れて後から注文したカシオペア色が入線。・KATO 3065‐2 EF510 500 カシオペア色JR東日本が導入したEF510形500番台15機のうち、2機のみの存在だったカシオペア塗装。509号機・510号機がカシオペア塗装で活躍していた。カ ...

KATOから再生産された、EF510-500の北斗星色が入線。・KATO 3065‐3 EF510 500 北斗星色数十年ぶりの新型旅客用機関車として導入され、寝台特急カシオペア・北斗星をメインに客車列車や工臨、貨物まで幅広く活躍していたEF510形500番台機関車。15両製作されたうちの1~8、1 ...

JR東日本とJR貨物が貨物委託契約を結んでいた頃のお話。頃というか、かつてはJR東日本の機関車が牽引する貨物が普通に走っていたが、今では見られなくなってしまった。当たり前のような光景だったので、振り返って“頃”という言葉を使うのは違和感を感じる。75レ EF81-95+ ...

黒磯訓練の写真が出てきた。せっかくなので黒磯訓練の振り返りと今後について考えてみる。EF81-95牽引の黒磯訓練。黒磯訓練とは、東北本線の尾久車両センター~黒磯間で乗務員訓練を目的に走る列車を指す。黒磯訓練、EL転換訓練などなどいくつかの呼び名で呼ばれている。何十 ...

今回はちょっと妄想話というか考察を。JR東日本の機関車について考えてみようと思う。JR東日本が所有する電気機関車は、EF64、EF65、EF81、ED75の4形式(保留車でEF58)。ディーゼル機関車は6形式、SLは4形式が活躍している。機関車といえば田端と高崎で、この2か所に多くの車 ...

多くの車両が検査を行うために入場する秋田車両センター。JR東日本の機関車は主にここで検査を行っており、田端や高崎に配置される機関車が機関車牽引によってはるばる回送される。近年は機関車整備の技術力が認められ、他社線のDE10(衣浦臨海鉄道のKE65)の検査も受け持って ...

1999年に登場し、上野~札幌間を17年にわたって走り続けた寝台特急カシオペア号。北斗星やトワイライトエクスプレスよりも高いサービスを提供する車両として導入され、全車A寝台を備えた人気列車だ。・EF81からEF510へカシオペアはデビュー当時から、田端機関区のEF81牽引で ...

貨物列車は今は基本的にJR貨物が担当しているが、少し前まではJR東日本の機関車が担当することも少なくなかった。JR東日本には、EF81などのJR貨物でも活躍する機関車が残っている。工臨や客車牽引担当で在籍する機関車が貨物運用に就いていた。高崎操発隅田川行き2082レを担 ...

寝台特急あけぼの号は、国鉄時代から運行されてきた定期の寝台特急だ。40年以上に渡って運行されてきたため、牽引した機関車の種類が豊富だ。寝台特急と言えばヘッドマーク、その列車を連想するようなデザインが描かれ、その列車の象徴となるものだ。あけぼのヘッドマークは ...

みちのくSLギャラクシー号という列車が走ったのをご存知だろうか?東日本大震災発生から3年経った2014年3月8日に、東北支援ため「みちのくSL横断プロジェクト」として行われた一大イベントだ。数十年ぶりに都内をSLが走る上、この企画を立てたフジテレビが特別番組を放送。タ ...

新年明けましておめでとうございます<(_ _)> 今年もれいるのおとをよろしくお願いいたします令和ももう2年です。5月から始まったとはいえ、元年が異常に早く過ぎ去り終わってしまった気がします。2020年はオリンピックイヤーですね。東京でオリンピック、どうなるのか想像が ...

↑このページのトップヘ