れいるのおと イメージ画像
撮り鉄、乗り鉄、模型鉄、たまに鉄道旅行。小話からディープなネタまで。あれこれかじって語りたいだけのブログ。

209系

幕張車両センター所属の209系マリC618編成6両と、C605編成・C616編成の中間車モハユニット4両が、廃車のため配給輸送された。配9342レ EF64-1031牽引+209系C618編成6両+C605・C616編成中間車4両EF64の牽引により長野車両センターまで回送される。経路は幕張車両センターか
『房総209系10両 廃車配給』の画像

ちょっとした小話。停車時間が長い時に車内温度を保つための機能として、乗客が乗降の際に自分でドア開閉ができる半自動ドアスイッチが知られている。だが半自動スイッチがない車両もあり、そういった車両には一部ドアのみ開けたままにできる機能が付けられている。JRや私鉄
『【保温効果】3/4閉ドア』の画像

4両編成と6両編成が在籍する、幕張車両センター所属の209系。6両編成が減車され4両編成化され始め、10連での運転が消滅危機の模様。少なくとも5、6編成は減車されると予想され、また10連で運転されていた列車をメインに両数変更を行うことが発表されている。元京浜東北線車両
『房総209系の10連消滅か』の画像

209系の日ということで鹿島線で撮った209系を。鹿島線の延方~鹿島神宮間にある北浦橋梁。霞ヶ浦を構成するうちの1つ「北浦」という湖に架かる全長1236mの単線高架橋。鹿島線の車両や鹿島サッカースタジアム発着の貨物列車が行き来する。早朝深夜に1日1往復、総武快速線方面
『北浦橋梁を渡る209系』の画像

昔の写真からちょっとした小ネタを1つ。京葉線で活躍する唯一の209系、ケヨ34編成。京浜東北線から転属してきたこの編成だが、少しの間だけ京浜東北線時代の帯が見えていた時期があった。南船橋駅で撮影したケヨ34。先頭の帯のJRマーク横に青い色が見えている。元ウラ81編成
『京浜東北線色が見えてる209系ケヨ34編成(京葉線)』の画像

583系の画像が出てきたので今回はそのお話。583系N-1+N-2編成&209系2100番台C440編成 2013/2/23 千葉駅にて定期運用を失い数を減らしていった583系だが、波動用で活躍した編成もあった。晩年は秋田車両センターに在籍した6両1編成のみの活躍で、首都圏へはTDL臨等の夜行列
『【過去画】千葉駅に現れた583系』の画像

久しぶりにmue-trainを出したので、真面目にレビュー。・マイクロエース A7654 209系多目的試験車「MUE-Train」タイプ7両セット事業用車両はあまり模型化されない傾向にあるが、209系の房総、訓練車、八高線タイプと同時にリリースされたのがこのmue train。当時は、事業用新
『マイクロエース 209系MUE-Train』の画像

mue trainに久々に大きな動きがあった。mue train好きオタクとして触れないわけにはいかないので、今回はその話を。今日、muetrainが2012年以来8年ぶりに東京総合車両センターに入場した。3年前の2017年9月に長野車両センターに入場したが、検査目的ではなく機器追加等が目的
『mue trainのTK入場と回送幕』の画像

E231系の開発中に、103系の故障が多発したために急遽導入された209系500番台。E231系量産化が決まるまでの繋ぎであったため、わずか10両17編成のみの製造された。量産先行車であった209系950番台による開発試験が終了したため、17編成で製造を終えE231系がデビュー。209系950
『今や一点モノの209系ケヨ34編成』の画像

埼京線という路線がある。正式に分けると区間ごとに名称が異なり、大宮~赤羽は東北本線の支線、赤羽~池袋は赤羽線となっていて、池袋以南は山手貨物線(湘南新宿ライン)に乗り入れる体制を取っている。大宮や池袋など主要な都市を結ぶ路線である埼京線だが、この路線に入線
『埼京線に入線した車両はなぜ少ないのか』の画像

1987年に国鉄が民営化されてできたJR。国鉄で製造・導入が進められていた205系は、そのままJRが引き継いで製造・導入していた。だが、103系の置き換え時期が迫っていたため、新たな次世代車両をとなり生まれたのが209系だ。209系は様々な新しいコンセプトが取り入れられた。
『わずか2編成の209系1000番台とは』の画像

JRにはいくつもの試験車が存在する。その中で現在も活躍しているmue trainというものを取り上げてみる。当ブログのアイコンになっている車両だ。JR東日本のプレスリリース等ではMUEは大文字表記だが、当ブログでは車体に記されている小文字表記で統一している。ファンの間で
『【最後の209系0番台】多目的試験車mue trainとは』の画像

↑このページのトップヘ