れいるのおと

撮り鉄、乗り鉄、模型鉄、たまに鉄道旅行。小話からディープなネタまで。あれこれかじって語りたいだけのブログ。

タグ:185系

ちょっと話題になった足利藤まつり号を過去画から。「足利藤まつり号」は、2005年から運転されている上野口からあしかがフラワーパーク方面への臨時列車として運転されている。常磐線・水戸線・両毛線経由のいわき発着列車は「足利大藤まつり号」の名で走っていたが、数年前 ...

先日、東中野にあるレンタルレイアウト店Re-Color(リカラー)にお邪魔した。広い環状線のレイアウトのうち、7&8番線はレイアウトを約2周する距離がある番線。距離が長いだけでなく、この路線ならではの情景やリカラーの代名詞でもある立派な鉄橋があり、訪問する時にはほぼこ ...

ダイヤ改正を明日に控え、本日185系が定期踊り子から撤退。個人的には快速用の車両という印象が強く、特に狙って撮影してきたわけでもないが、遭遇率も高く撮影枚数がかなり多い。それだけに思い入れも強いけど、何度も乗ったし何度も撮れたのでとりあえずは満足。長い間お疲 ...

185系の引退で注目が集まっていた常磐線我孫子駅発着の踊り子号。昨日の運転を持って列車の運行が終了した模様。先日JR東日本が発表した春の臨時列車では設定がなかった。185系のこれからの動向を考えても、ひとまずは廃止となったよう。常磐線発着の踊り子号の歴史は2015年 ...

既報の通りだが、JR東日本の春の臨時列車が発表された。今春はついに185系が踊り子号の定期運用から撤退する予定。ダイヤ改正前までは185系充当の臨時踊り子が設定されているものの、改正後の臨時列車は「あしかが大藤まつり号」「鎌倉あじさい号」のみの設定で、共に6両編成 ...

TOMIXから発売された185系200番台が入線!・TOMIX 98306 185-200系 特急電車(踊り子・強化型スカート)セットTOMIXからフルリニューアルで発売された185系。2019年の初回生産時は瞬く間に完売となり、2020年9月に再生産が行われた。185系って模型にするとどうもイマイチだなぁ ...

昨日発表となった話題から。185系が定期運用で入っている特急踊り子。JR東日本は2021年春のダイヤ改正で、特急踊り子を全てE257系に置き換えることを発表した。これにより、185系は定期運用を離脱することが決定。JR東日本管内で定期で走る国鉄型車両がいなくなる。また、特 ...

上野東京ライン開業から早5年、特急や一部列車が品川まで行くようになり、上野東京ライン経由の臨時列車もいくつか設定されてきた。大船発着の特急草津や日光等、UTL開業の頃から走り続けている特急列車もあり、その1つに常磐線我孫子駅を発着する踊り子号が挙げられる。2015 ...

上野駅で適当に撮った写真が出てきた。撮影は今から8年前の2012年11月。下り北斗星の出発待機時に撮影した1枚で、最後尾となるオハネフ25には北斗星マークとテールライトがついている。後ろの国鉄色特急は185系の国鉄塗装。3年ほどの間、限定で見られたもの(185系国鉄特急色 ...

またまたお召し列車に関するお話。お召し列車は結構好きなもんで...良ければお付き合いください。天皇家の方々が御乗車になるお召し列車は、入念な試運転はもちろんのこと様々な警備警戒を行い、万が一に備えた用意もして行われる。お召し列車の本運転時には、運転前に線路等 ...

国鉄特急色はクリーム4号の車体に赤2号の帯を入れた塗装だ。183・189系や485系など、国鉄時代に活躍した多くの車両がこの塗装を纏っていた。185系は国鉄時代に登場した車両だが、趣向を変えて斜め帯を塗装されて登場。新幹線リレー号を担当していた200番台は200系を模した塗 ...

こんにちは伊豆ネタが続くので考察してみようかなと思います。伊豆方面の列車が大幅に変わるということで、おはようライナーの車両変更が発表されました。おはようライナー新宿26号:251系➡185系湘南ライナー10号:185系10両➡185系7両現在、185系7両(つまりOM編成)によるお ...

新年明けましておめでとうございます<(_ _)> 今年もれいるのおとをよろしくお願いいたします令和ももう2年です。5月から始まったとはいえ、元年が異常に早く過ぎ去り終わってしまった気がします。2020年はオリンピックイヤーですね。東京でオリンピック、どうなるのか想像が ...

こんにちは年末年始の多忙でなかなか更新できませんでしたが...今日は踊り子の考察をしてみようかと思います。  2020年3月のダイヤ改正でスーパービュー踊り子号が廃止され、新たにサフィール踊り子号がデビューしますね。同時に長らく踊り子号に就いていた185系の置き換え ...

↑このページのトップヘ