れいるのおと

撮り鉄、乗り鉄、模型鉄、たまに鉄道旅行。小話からディープなネタまで。あれこれかじって語りたいだけのブログ。

タグ:貨物

鉄道のレール・バラストの交換は、貨車等を用いて現地に輸送し、夜通しの作業で行われる。レール輸送やバラスト輸送の列車、工臨こと工事臨時列車は、昔から専用の貨車で行われるのが恒例。レールはチキ、バラストはホキの名が付いた貨車で輸送されてきた。JR東日本のチキ工 ...

JR貨物の50周年コンテナに出会った。コンテナ列車「たから号」の登場から50年が経過した2009年、JR貨物は50周年を記念した特別デザインのコンテナを製作。現在一般的な19D型コンテナを「たから号」風の塗装にしたもので、50周年コンテナとかエコレールコンテナとか呼ばれてい ...

JR貨物が2021年度の事業計画を発表した。タイトル通り、事業計画の中でEF510の九州地区投入について「九州地区にEF510を導入することから、九州仕様に変更したEF510の走行試験を行う」とある。現在富山機関区に38機所属する車両を走行試験に充てるものと思われ、走行試験後は ...

ダイヤ改正前の、おそらく最も盛り上がった貨物ネタ"臨8075レ"。夕方に稲沢駅を出発し、四日市駅まで走るこの重連貨物。有名撮影地の蟹江踏切や白鳥信号場ではちょうど順光時間に当たり、夕陽に照らされた被写体になる。DD51の重連貨物として有名な列車だったが、昨年度1年間 ...

旅客会社のダイヤ改正が話題だが、JR貨物でもダイヤ改正に伴って運用変更が行われている。取り急ぎ、大きな話題だけ取り上げてみる。・DD51定期運用消滅・DF200の重連運用誕生話題になっているように、DD51がついに引退する。数年前から引退に向けて徐々に数を減らしていたDD ...

今日2021年3月11日で、東日本大震災から10年が経った。10年も経ち被災地の復興が進められてきた。が、近頃発生する地震は震災の余震とも言われていて油断できない。被災された方々にお見舞いを申し上げるとともに、一日も早い復興をお祈り申し上げます。さて、震災から10年と ...

石油輸送を行うタキ43000シリーズ。その中で唯一銀色車体のタキ143645に遭遇した。他のタキとは明らかに色が違う。銀色ボディは無塗装のステンレス鋼製。タキ143645は1両のみ製造された銀色のタキで、その色合いから銀タキと呼ばれている。ボディ色だけでなく台車も特徴的。 ...

欲しかった車両が中古市場に落ちてたので買ってきた。EF64-1000広島更新色が入線です。・KATO(ラウンドハウス) 3023-5 EF64-1000 JR貨物広島更新色EF64の広島更新色。過去に記事で紹介(こちら)したように実車では少数派の塗装で、多い時でも1046、1047、1049号機の3機のみ ...

広島更新色と呼ばれる塗装だったEF65-2089。この車両は中でも特徴ある機関車だった。広島更新色とは、広島工場で更新工事をされた車両が纏う塗装のこと。EF64-1046・1049号機やEF65-2127が、その塗装の機関車として有名だ。更新工事を行い、広島更新色で出場したEF65-1089(当 ...

東京~大阪を結ぶ高速貨物列車スーパーレールカーゴ(SRC)。片道約6時間で終着までの運転で、東京発・大阪発をそれぞれ1日1便運転している。基本的に佐川急便による1社貸切運転が行われている貨物電車だ。2004年から運転されているSRC。試運転や工場での検査時は積み荷なしで ...

トシイチの愛称で親しまれていたEF64の1041号機。現役時代の写真が出てきたのでご紹介。機関車や国鉄型気動車の車両の外見的特徴の1つとして、窓枠押さえの色の違いというものがある。機関車にある窓のうち開かないタイプの窓は、ゴムで窓の縁を挟んで囲い、窓枠にはめるとい ...

現在活躍しているJR貨物のEF64は、青15号にクリーム1号を塗った国鉄色、機器更新車と未更新車を区別するために登場した大宮更新色、同じ理由で登場した広島更新色の3色。今回はそのうちの広島更新色のお話です。大宮に停車中のEF64-1049。機器更新を行っていた当時、EF64は高 ...

自粛解除の影響で急激にやることが増え、更新が滞っていた。最近は新金線に新たな線路を建設中だと話題になった(複線化が騒がれたが実際は線路移設のためだったらしい)。ということで新金線の旅客化について、ちょっとした考察をしてみようと思う。新金線とは、常磐線の金町 ...

貨物列車は今は基本的にJR貨物が担当しているが、少し前まではJR東日本の機関車が担当することも少なくなかった。JR東日本には、EF81などのJR貨物でも活躍する機関車が残っている。工臨や客車牽引担当で在籍する機関車が貨物運用に就いていた。高崎操発隅田川行き2082レを担 ...

EH500-1牽引の安中貨物 松戸~金町にて。東邦亜鉛株式会社の製品などを運ぶため、福島県の泉駅と群馬県の安中駅を結んで走っている貨物列車、通称「安中貨物」。かつては常磐線、田端信号所を経由して群馬県の安中まで走っていました。EH500-901が牽引する安中貨物 三河島 ...

東京総合車両センターで改造を受けて出場したこの205系は湘南色1本目の編成。とても注目を集めました。途中の大宮停車中にEF64-1041と並んだときの写真です。窓枠抑えの白Hゴムが特徴的なEF64-1041ことトシイチは2014年に休車、2016年に廃車・解体されました。首都圏にもしば ...

EF65-535の東芝府中事業所への回送の写真です。2013年3月12日撮影。単8282レでOM出場。東芝府中事業所へ回送。ブルートレイン名機として有名な車両ゆえ、相当な混雑でした。JR貨物所有の機関車は車両によって検査場所が異なりますが、首都圏で見られる車両のほとんどは大宮総 ...

↑このページのトップヘ