れいるのおと

撮り鉄、乗り鉄、模型鉄、たまに鉄道旅行。あれこれかじってます。20時頃更新→朝更新に切り替え

タグ:常磐線

今回は、撮影した時から気になっていることについてのちょっとした小話を。651系0番台が常磐線特急から退き数本が波動用で残っていた頃のこと。651系の臨時列車を撮影した(たしかぶらり鎌倉号)のがこの写真。ヘッドサインはテールライトを表示する列の不自然な位置が光ってい ...

上野東京ライン開業から早5年、特急や一部列車が品川まで行くようになり、上野東京ライン経由の臨時列車もいくつか設定されてきた。大船発着の特急草津や日光等、UTL開業の頃から走り続けている特急列車もあり、その1つに常磐線我孫子駅を発着する踊り子号が挙げられる。2015 ...

速達タイプのひたち号と停車駅が多めのときわ号の2列車での運転がされている常磐線特急。かつてはスーパーひたち・フレッシュひたちの2列車がメインで走っていて、車両がE657系に統一されることをきっかけに列車名変更をされた。首都圏主要路線の特急列車は、利用客が多い時 ...

JR東日本とJR貨物が貨物委託契約を結んでいた頃のお話。頃というか、かつてはJR東日本の機関車が牽引する貨物が普通に走っていたが、今では見られなくなってしまった。当たり前のような光景だったので、振り返って“頃”という言葉を使うのは違和感を感じる。75レ EF81-95+ ...

グリーンマックスが発売したE653系のうち、フレッシュひたちのレッドが入線した。レッドは正式にはスカーレッドブロッサムという名前がついている。K301編成とK305編成がこの塗装を纏って活躍していた。他色の製品と同じように、動力付きタイプと動力なしタイプの製品で編成 ...

自粛解除の影響で急激にやることが増え、更新が滞っていた。最近は新金線に新たな線路を建設中だと話題になった(複線化が騒がれたが実際は線路移設のためだったらしい)。ということで新金線の旅客化について、ちょっとした考察をしてみようと思う。新金線とは、常磐線の金町 ...

このご時世で自粛続き、溜まったストレスを発散するためにお散歩へ。せっかくなので、羽田空港アクセス線で活用予定の大汐線を観に行くことに(現地までの移動は車、密回避や対策には注意して行動)。羽田空港アクセス線計画は、都内の路線のうち3か所から線路を引っ張り、羽田 ...

今から5年前の2015年6月28日、当時秋田車両センター所属だったの583系N1・N2編成を使用したリバイバルみちのく号が運転された。ふくしまデスティネーションキャンペーンの一環として、東北新幹線開業とともに姿を消した列車を、みちのく号を担当していた583系で運転するとい ...

ついにこの日が来た。昨日、最後の651系0番台が郡山車両センターに廃車回送されてしまった。というわけで、651系についてのお話。651系は、常磐線で活躍していた特急車両。JR東日本初の特急車両であり、初めて130km/hで営業運転を行った車両でもある。定期運用を失って早5年 ...

御徒町~秋葉原にある留置線のお話。上野東京ラインと繋がる留置線が、秋葉原駅北側にある。正式に何というかはわからないが、秋葉原電留線や御徒町留置線などと呼ばれ、最大で15両4編成が収容可能な電留線だ。最近では上野東京ライン(長いから以下UTL)の開業により上野発着 ...

2016年にグリーンマックスから発売されたE653系フレッシュひたち。4年前の製品だが今回、黄色編成が入線した。緑編成の時はちゃちゃっと済ませたので、今回はちょっとだけ詳細に書いてみようと思う。E653系0番台は1997年に登場した特急型車両だ。ひたちの停車駅が多いタイプ ...

常磐線の取手までの快速線で活躍し、15両編成を組むJR東日本の車両の中で唯一オールロングシートで運転されているのが、常磐線のE231系0番台だ。走り続けることまもなく20年を迎える車両で、運用範囲は品川から取手までと成田線我孫子支線までと幅広く活躍している。総武線車 ...

貨物列車は今は基本的にJR貨物が担当しているが、少し前まではJR東日本の機関車が担当することも少なくなかった。JR東日本には、EF81などのJR貨物でも活躍する機関車が残っている。工臨や客車牽引担当で在籍する機関車が貨物運用に就いていた。高崎操発隅田川行き2082レを担 ...

1987年に国鉄が民営化されてできたJR。国鉄で製造・導入が進められていた205系は、そのままJRが引き継いで製造・導入していた。だが、103系の置き換え時期が迫っていたため、新たな次世代車両をとなり生まれたのが209系だ。209系は様々な新しいコンセプトが取り入れられた。 ...

コロナウイルス拡大防止で自宅に引きこもること約1か月、めんどうになって後回しにしていた室内灯加工や諸々のNゲージ弄りもやり尽くした。せっかくなので新車導入をと思い、KATOのE531系を入線させた。E531系を15両フルで購入。基本編成の10両は、KATOの10両用車両ケースに ...

国鉄時代に登場し、全国各地で様々なバリエーションで様々な運用を担った485系。ジョイフルトレインに改造された車両も多く、特にJR東日本ではいくつもの列車が誕生、活躍した。そんな中、同じくJR東日本で改造されたのに、ジョイフルトレインでも定期列車用でもない異端児い ...

JR東日本で、15両編成で運転している路線がいくつかある。常磐線(常磐快速線)、宇都宮線、高崎線、東海道線、総武快速線、横須賀線だ。そのうち付属編成が5両で、付属編成同士の連結である5+5を行えるのは、総武快速線と横須賀線以外の路線だ。湘南色の列車が走る宇都宮線・ ...

ある時から行われた、211系の常磐線試運転。後に、松戸や我孫子に疎開回送が行われたので、そのための乗務員訓練だったと思われる。田端操~金町操を試9001M~試9004Mで2往復運転。お召し列車で使うような列番だが、特に意味はないのだろう。試9003M 211系C13編成 試運転  ...

片道乗車券、通称一筆書き切符を使って東北を一周する旅行記、part4は4日目(最終日)の行程を辿っていく。part1はこちらから。part2はこちらから。part3はこちらから。最終日の4日目は秋田からスタート。いなほ8号で一気に南下。羽越本線、白新線を経由して新潟へ。2008M い ...

↑このページのトップヘ