れいるのおと イメージ画像
撮り鉄、乗り鉄、模型鉄、たまに鉄道旅行。小話からディープなネタまで。あれこれかじって語りたいだけのブログ。

京葉線

昔の写真からちょっとした小ネタを1つ。京葉線で活躍する唯一の209系、ケヨ34編成。京浜東北線から転属してきたこの編成だが、少しの間だけ京浜東北線時代の帯が見えていた時期があった。南船橋駅で撮影したケヨ34。先頭の帯のJRマーク横に青い色が見えている。元ウラ81編成
『京浜東北線色が見えてる209系ケヨ34編成(京葉線)』の画像

つい更新をサボってしまってよくないので、しばらくは毎日更新を目標にしてみようと思う...いつまで続くかわからないが(笑さて今回は京葉線の205系の写真が出てきたのでそのお話でも。まもなく首都圏から撤退する205系0番台。かつては京葉線でも活躍していて、今は役目をE233
『メルヘン顔の205系京葉線』の画像

このご時世で自粛続き、溜まったストレスを発散するためにお散歩へ。せっかくなので、羽田空港アクセス線で活用予定の大汐線を観に行くことに(現地までの移動は車、密回避や対策には注意して行動)。羽田空港アクセス線計画は、都内の路線のうち3か所から線路を引っ張り、羽田
『休止中の東海道貨物線(大汐線)と羽田空港アクセス線』の画像

E231系の開発中に、103系の故障が多発したために急遽導入された209系500番台。E231系量産化が決まるまでの繋ぎであったため、わずか10両17編成のみの製造された。量産先行車であった209系950番台による開発試験が終了したため、17編成で製造を終えE231系がデビュー。209系950
『今や一点モノの209系ケヨ34編成』の画像

JR東日本の駅でありながら、旅客列車の発着が皆無の駅がある。その1つが越中島貨物駅だ。総武本線の貨物支線(越中島支線)の駅で、かつてはJR貨物の定期貨物列車が運行されるなどしていた。現在はJR東日本の列車しか運転していないが、JR貨物は鉄道事業者としての権利を所有し
『【旅客列車が来ない】越中島貨物駅を見てみる』の画像

東京駅から千葉方面へ、おおかた並行して走るのが総武線と京葉線である。東京駅から南北に分かれ出発し、蘇我駅で合流する。並行して、京葉道路と東関東自動車道も走っているため、東京~千葉の需要の高さが窺える。問題は京葉線の駅~総武線の駅間のアクセスだ。現在は京葉
『総武線・京葉線の接続と新線建設案とは』の画像

かつてJR東日本が所有していて、営業列車では唯一連接台車を履いていた車両がある。京葉線のE331系車両だ。201系の置き換えを目的として、量産先行車AK1編成を京葉線に投入。連接台車を履いているため、先頭車約16m、中間車約13mと各車両の長さが短く1編成あたり14両であるが
『短命に終わったJRの連接車、E331系』の画像

↑このページのトップヘ