れいるのおと

撮り鉄、乗り鉄、模型鉄、たまに鉄道旅行。あれこれかじってます。20時頃更新→朝更新に切り替え

カテゴリ:鉄道 > 過去画・過去の鉄道あれこれ

今話題の武蔵野線205系から、むさしの号八王子行きの写真を。写真のむさしの号はM36編成が担当。この編成は元京葉線所属車で早いうちにジャカルタへ送られた編成でもある。あれだけいた武蔵野線205系もラスト1編成、昨日が最後の運転だったとも囁かれているようで。むさしの ...

毎日更新を宣言していながら、昨日は更新が出来ず...。予約更新の日付が間違ってまして...寝ぼけて更新するのは良くないと改めて実感。本日もご覧いただきありがとうございます、今後も出来る限り更新を続けていくのでお付き合いください<(_ _)>さて今回はJR北海道785系のお ...

ちょっとした小話。横須賀線色(通称スカ色)の変更が行われていた頃のこと。検査で入場した編成から順次帯色を変更していたため、E217系では旧色と新色の混結がしばしば見られた。(※動画からの切り出しなのでブレてます、すいません)右が新色、左が旧色。2008年頃に行われた ...

昔の写真が出てきたので共有したい。クモヤ143-20は松戸車両センターに最後まで所属していたクモヤ143系。新製配置で松戸にやってきて以来、車両センター~駅間の職員輸送に従事してきた車両だ。松戸でずっと活躍していながらも、野洲や堅田、西明石等、様々な方向幕があるこ ...

東京~大阪を結ぶ高速貨物列車スーパーレールカーゴ(SRC)。片道約6時間で終着までの運転で、東京発・大阪発をそれぞれ1日1便運転している。基本的に佐川急便による1社貸切運転が行われている貨物電車だ。2004年から運転されているSRC。試運転や工場での検査時は積み荷なしで ...

大宮車両センター所属していた183・189系。国鉄色の6両が3編成と特急「日光」「きぬがわ」に使用される彩野編成の計4編成24両が在籍していた(一時、田町車両センターから転入した車両もいたが1年未満の在籍だった)。国鉄色のOM101~103編成の運用は主に団体臨時列車やイベン ...

583系の画像が出てきたので今回はそのお話。583系N-1+N-2編成&209系2100番台C440編成 2013/2/23 千葉駅にて定期運用を失い数を減らしていった583系だが、波動用で活躍した編成もあった。晩年は秋田車両センターに在籍した6両1編成のみの活躍で、首都圏へはTDL臨等の夜行列 ...

速達タイプのひたち号と停車駅が多めのときわ号の2列車での運転がされている常磐線特急。かつてはスーパーひたち・フレッシュひたちの2列車がメインで走っていて、車両がE657系に統一されることをきっかけに列車名変更をされた。首都圏主要路線の特急列車は、利用客が多い時 ...

JR東日本とJR貨物が貨物委託契約を結んでいた頃のお話。頃というか、かつてはJR東日本の機関車が牽引する貨物が普通に走っていたが、今では見られなくなってしまった。当たり前のような光景だったので、振り返って“頃”という言葉を使うのは違和感を感じる。75レ EF81-95+ ...

やっと諸々が片付いたので今日からぼちぼちブログを再開。改めてよろしくお願いします<(_ _)>写真は府中本町で撮影した、南武線205系の試運転と留置線から出庫する武蔵野線205系の並び。南武線はナハ44編成、武蔵野線はM30編成で、共に山手線・総武線での組み換え・転入が行 ...

上野駅で適当に撮った写真が出てきた。撮影は今から8年前の2012年11月。下り北斗星の出発待機時に撮影した1枚で、最後尾となるオハネフ25には北斗星マークとテールライトがついている。後ろの国鉄色特急は185系の国鉄塗装。3年ほどの間、限定で見られたもの(185系国鉄特急色 ...

東京を代表する路線である山手線。主要な駅を結んでいる列車であるため、これまで数々の広告やラッピングをされてきた。中でも大きく目立ったのが、車体全体に施されるラッピング。通常はドアの戸袋付近などに広告が貼られることが多いが、稀に側面全体をフルラッピングした ...

East-i Eの写真が出てきた。というわけでEast-iシリーズのお話。JR東日本の線路・架線・信号を検測するEast-i。新幹線はE926形East-i、在来線電化区間はE491系East-i E、非電化区間はキヤE193系East-i Dが主に担当している。在来線タイプのイーストアイは接続する他社線の検 ...

つい更新をサボってしまってよくないので、しばらくは毎日更新を目標にしてみようと思う...いつまで続くかわからないが(笑さて今回は京葉線の205系の写真が出てきたのでそのお話でも。まもなく首都圏から撤退する205系0番台。かつては京葉線でも活躍していて、今は役目をE233 ...

特に書きたいことが思いつかないとき、ネタ切れの穴埋めっぽく更新してきたこの過去画カテゴリなんだが...莫大なネット遺産だったヤフーブログが無くなり昔の鉄道写真が見つけにくくなったことと、PCで眠る昔の写真に行き場を与えたいと思ったことから、これからは定期的に過 ...

今から5年前の2015年6月28日、当時秋田車両センター所属だったの583系N1・N2編成を使用したリバイバルみちのく号が運転された。ふくしまデスティネーションキャンペーンの一環として、東北新幹線開業とともに姿を消した列車を、みちのく号を担当していた583系で運転するとい ...

多くの車両が検査を行うために入場する秋田車両センター。JR東日本の機関車は主にここで検査を行っており、田端や高崎に配置される機関車が機関車牽引によってはるばる回送される。近年は機関車整備の技術力が認められ、他社線のDE10(衣浦臨海鉄道のKE65)の検査も受け持って ...

貨物列車は今は基本的にJR貨物が担当しているが、少し前まではJR東日本の機関車が担当することも少なくなかった。JR東日本には、EF81などのJR貨物でも活躍する機関車が残っている。工臨や客車牽引担当で在籍する機関車が貨物運用に就いていた。高崎操発隅田川行き2082レを担 ...

寝台特急あけぼのといえば、上野~青森を結んだ往年の夜行列車である。ブルートレインのイメージが強いが、繁盛期等には臨時列車として583系や485系が担当したことがある。寝台特急あけぼのは誕生から廃止まで、何種類かの経路変更、何回かの車両変更が行われて運行された歴 ...

常磐線や武蔵野線には毎日数多くの貨物列車が走っている。牽引機はEH200やEF210などのJR貨物が製造した機関車や、EF64やEF65などの国鉄時代から活躍する機関車まで種類豊富だ。2013年3月まではDE10が牽引する定期貨物列車の1351レが1本走っていた。区間は田端操車場~越谷貨 ...

↑このページのトップヘ