E231系の開発中に、103系の故障が多発したために急遽導入された209系500番台。
E231系量産化が決まるまでの繋ぎであったため、わずか10両17編成のみの製造された。量産先行車であった209系950番台による開発試験が終了したため、17編成で製造を終えE231系がデビュー。209系950番台をもとにした拡張車体に0番台の機器を備えており、顔はE231系、中身は209系という中途半端な存在となっている。




500番台は全車両が中央・総武線各駅停車に投入されたが、その後5編成が京浜東北線へ転出。
しばらくして京浜東北線へ転出したうち1本は総武線、4本は京葉線へ転属し、京葉線にはケヨ31~ケヨ34の4編成が在籍。
京葉線へE233系が導入されたことから209系500番台は武蔵野線へ転属することとなったが、唯一転属せずに京葉線で残留しているのがケヨ34編成である。


ケヨ209
ケヨ34編成。この頃は以前活躍していた京浜東北線時代の帯がJRマークの横に見えている。


ケヨ31~33編成の武蔵野線転属は、むさしの号・しもうさ号が運転開始による運用増加への対応だったようだ。
また、京葉線向けE233系は10両貫通編成が21本製造予定のところ20本製造で終わっていることから、転属不要のケヨ34編成はそのまま活躍させるつもりなのだろう。
武蔵野線の209系も同じく京葉車両センターに所属しているため、整備等の面で問題がない。機器更新を行ったうえ置き換え計画も出ていないことから、今後も活躍が見込めそうだ。


_3294378
舞浜駅へ入線するケヨ34編成。舞浜駅はホーム延長工事が予定されており、この有名構図ではもう撮影できないかもしれない。


TOMIXとマイクロエースから製品化されている京葉線の209系500番台。500番台の製品化回数・バリエーションではKATOが最多であるが、なぜか京葉線のみ製品化に至っていない。
マイクロエースはすでに絶版・プレミア扱いになっているため、入線させるならTOMIX製品を買うに限られる。

初回発売以来プレミア価格でオークションを飛び交っていたTOMIX製品。6両基本に単品のサハを4つ買って10両揃える売り方から、発売がかなり前だったことが窺える。2018年に行われた再生産でも同じ売り方だった。
再生産されたため当区でも導入予定だったが、印刷エラーが気になってしまい購入には至っておらず(詳しくは他の方のブログを参照してみてください)。
KATOの209系500番台はホーム検知器も再現されており見た目が良い。KATOさんが京葉線タイプも発売することを信じて待つ状態が続いている...





よろしければポチっと押していってください<(_ _)>
他の方のブログも見られます

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村 

鉄道コム



◎◎れいるのおと管理人のTwitterはこちら◎◎

@Railnoote