ダイヤ改正が行われて1か月経った。今期のダイヤ改正~6月頃までに、伊豆方面の特急が大幅に改革されるのは世間でも騒がれているとおりだ。サフィール踊り子とE257系のデビュー、スーパービュー踊り子と伊豆クレイルの引退等である。
そんな中、さよなら運転も行わずにひっそり消えた列車がある。それがマリンエクスプレス踊り子号だ。

IMG_8390
尾久駅付近を走るE259系マリンエクスプレス踊り子車両。

マリンエクスプレス踊り子は、余剰となった成田エクスプレス用車両のE259系を活用し、2012年に登場。ぱっと見では前面・側面に貼られたステッカーくらいしか違いがない。
東海道線はB特急料金(通常のA特急料金より格安に設定された料金)区間だが、スーパービュー踊り子と同様にA特急料金が適用されている。

マリンエクスプレス踊り子は臨時列車であるが、スーパービュー踊り子同様に停車駅が少ない列車だった。東海道線内は横浜と熱海にしか停車しない。
ダイヤ改正でマリンエクスプレス踊り子号のダイヤは、77号が停車駅を増やして踊り子11号・111号へ、79号が停車駅はそのままでサフィール踊り子3号へと引き継がれた。



見た目ではロゴシールの貼りつけ・ロゴ入り座席枕カバー交換程度のリメイクで、やっつけ感が否めないが気づけば8年も運転していた列車だ。成田エクスプレスが東京~成田空港間は全列車12両運転することになり余剰車がなくなったため、運転取りやめになったようだ。
さよなら運転を行わなかったのは、再び運転を開始する時のことを考慮しているのかもしれない。考えてみれば踊り子車両の中で1番新しい車両になっているのがおもしろい。6両で海辺を走り抜ける姿を乗車か撮影かでぜひ体験してみたい車両だった。





よろしければポチっと押していってください<(_ _)>
他の方のブログも見られます

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村 

鉄道コム