遅ればせながらKATOのEF65-1000 後期型(JR仕様)が入線!

FullSizeRender
・KATO 3061-2 EF65-1000 後期型(JR仕様)

EF65の1000番台。旅客も貨物も牽引できる万能車両と言うことで、Passennger(旅客)のPとFreight(貨物)のFからPFと呼ばれるようになった。
国鉄民営化後、JR東日本とJR西日本、JR貨物に譲渡され、数を減らしながらも現役で活躍中。今回は田端機関区所属の状態を再現するべく、購入に踏み切った。発売から時間が経っているため見つけるのに一苦労...。
TOMIXからPFが発売されることを知りながらも、使い勝手のことを考えて敢えてKATOで。


FullSizeRender
製品は1990年以降の姿がモデル化されており、14系客車の踊り子や寝台特急出雲を牽引していた時代。この頃は窓枠押さえのゴムが白く、現役機で見られる黒Hゴムとは異なっている。


FullSizeRender
まだ何もしてない状態だが、付属品パーツはナンバープレートと交換用のカプラーのみ。ほとんど取り付け済みで非常に楽(笑)。

FullSizeRender
付属品。車番は「1105」「1108」「1112」「1116」。ヘッドマークは瀬戸と踊り子が付属している。


FullSizeRender
屋根上はボディカラーのブルーではなく黒塗装。印刷表記も綺麗だ。


FullSizeRender
FullSizeRender
サイド。製造名盤は「川重・富士」が取り付け済み。

いつもながらパワーも充分。寝台特急廃止後はPFは定期運用を持たないため、臨時や回送列車の再現で走らせようかと検討中。とりあえず田端機関区が再現できるので買って満足(笑)。



今回はこの辺で。


最後までご覧いただきありがとうございます
クリックしていただけると励みになります

にほんブログ村 鉄道ブログへ

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ

鉄道コム