時計のSEIKOから発売された、E5系はやぶさデビュー10周年記念ウォッチを買ってきた。


IMGP1697

東北新幹線のE5系はやぶさは、早いもので今年でデビュー10周年を迎える。それを記念して、SEIKOのブランドの1つセイコーセレクションにあるクロノグラフの時計をベースに、はやぶさらしさを取り込んだ限定ウォッチが発売された。
普段は限定コラボウォッチなるものは買わないのだけど、デザインに惹かれてついつい購入。
カードの請求が怖い...。


IMGP1699
IMGP1701
高級感が漂う木目調の箱の中に、10周年祝いの文字とE5系のロゴが入っている。
蓋ウラにはE5系の写真。腕時計だが、こうして飾るだけでも絵になるパッケージ。


IMGP1708
デザインは、E5系を模したものとなっている。
文字盤はE5系カラーの「常盤グリーン」から「飛雲ホワイト」のグラデーション。3時と9時の位置や長針にはやてピンクが用いられている。


画像ではわかりにくいが、時計のガラス(風防)はカーブした曲面ガラスを採用。新幹線の丸みを再現している。
ちなみにベースとなった時計のシリーズでは平らなガラスが採用されており、新幹線らしさを表現しようという心意気が感じられる。
バンドはステンレス製のものを採用しているためちょっと重め。


IMGP1704
12時の位置の少し下に並ぶ4つの白い丸は、E5系のライトを表現。
10時の位置にEの文字をアレンジしたマーク。

時計裏蓋には、箱に描かれていた10周年マークとはやぶさロゴ、そしてシリアルナンバーが刻印されているが、反射が激しいため筆者には上手く撮影できず...。


IMGP1706
常盤グリーンは実車より少し明るいような?気もしなくはない。春から夏の季節に似合いそうな爽やかな腕時計に仕上がっている。


価格は税込み54780円。ベースとなる時計が定価3万円台であるため少し高めに感じるが、限定品とはそういうものだろう。
鉄オタ目線を抜きにして、文字盤にこういった珍しい色が使われている腕時計は付けていて楽しいし、印象も気分も変わる。実車のグリーン~ホワイトの色の違いをグラデーションで表現しているというのも個人的に好印象。はやてピンクが良いアクセントになっており、新幹線らしさだけでなく時計としての華やかさ・爽やかさも持ち合わせた時計に仕上がっていると思う。価格もそれなりだけど、製造は時計界の大手SEIKOだからアフターサービスも充実。新幹線好き・時計好きに限らずオススメしたい。


今後、また新幹線のコラボウォッチ等が出るかもしれない。個人的にはE3系(こまち)引退記念とか飛行機コラボウォッチが欲しいかも。乗り物オタクはグッズに弱いと思うので...SEIKOさんがそれに気づいて攻めてきたらちょっと怖いけど嬉しいなぁ...(笑)



商品ページ・購入はこちらのサイトから。




今回はこの辺で。


最後までご覧いただきありがとうございます
クリックしていただけると励みになります

にほんブログ村 鉄道ブログへ

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ

鉄道コム