JR西日本が運行する、WEST EXPRESS 銀河(以下We銀河に略)に乗車してきた。
実に素晴らしく大変魅力的な列車だった。その様子を伝えるべくいくつかの記事に分けて記録したいと思う。

IMGP0557
写真は金魚ちょうちんで知られる山口県柳井市の柳井駅で撮影したもの。

参加したのは、2021年3月まで運転されている昼行列車。6両編成のWe銀河は、各車両に特色がある。
今回は1番人気(らしい)プレミアルームを利用。全部紹介すると長くなるので、プレミアルームとその部屋がある6号車に限って紹介しよう。


IMGP0635
乗車口(これは途中下車して撮影した写真)。

ホームに止まる瑠璃紺色の車両。他にない車体色ながら落ち着いた色味。特別な列車に乗るというワクワク感しかない。この車両に下関駅から約11時間半、お世話になる。


6号車は寝台にプレミアルームが5室と、"彗星"の名が付けられたフリースペースを備える。

IMGP0710
ヘッドマークを模した案内と客室が並ぶ廊下。サンライズExp等のこれまでの夜行列車とは異なった雰囲気で、寝台特急に乗るのとは少し違った類のドキドキ感。


IMG_1093
プレミアルームはグリーン車扱いの個室。2人用4室と1人用1室が用意されている。

グリーン個室扱いなのは、お金の話が絡んでいるそうで。完全な寝台車にすると別途税金がかかるとかなんとか....。リーズナブルな価格で気軽に列車の旅を楽しめるにというコンセプトもあり、新たなグリーン料金を設定した個室扱いにしているそう。


IMGP0725
部屋のロックはサンライズExpと同じ方式。ドアを閉めて4桁のナンバーを入力するとロックがかかる。


さていよいよお部屋へ。

IMG_1085
IMG_1083
室内。
座席とは別に、大きいソファにクッションが並べられたレイアウト。

IMG_1138
IMG_1139
背もたれを倒すと、ベッドへ転換。寝台利用時にはここにシーツが敷かれる。
この状態にして良いのかなとも思ったのだが、いただいたパンフには倒すとこうなるよと記載があったので躊躇なく(笑)。

2人で利用したが、狭いと感じるはずもなく。2つの大きな窓に映る車窓を、クッションにもたれかかったり時には横になったりしながら楽しむ。長時間乗車なのでソファ・寝台それぞれ存分に堪能できる。


部屋には2つ、コートが掛けられるフックがあり、写真右下(ソファの座面の下)には荷物スペースがあった。また背もたれを倒した時の下部分にも空間ができ、持ち込んだスーツケース(航空機の機内に持ち込めるギリギリのサイズ)でも収納できた。


IMGP0559
ブラインドもあるのが嬉しい。夜行列車にはなくてはならない装備。

乗ってみて驚いたのが、窓ガラスの綺麗さ。よく磨かれていて、雨による水アカや汚れが見当たらなかった。相当な注意を払っているのだろうなと感じた。
その反面、外から車内の様子が丸見えだし、まぁ目立つ車両だから注意を引く。ブラインドに頼ったことも何度かあった(笑)。

IMG_1084
座席間には備え付けのテーブルとランプシェードが灯る。コンセントとUSBポート、部屋の明かりを調整するコックがあった。
銀河をイメージしてか、星の形が各所にあしらわれている。

IMG_1141
寝台利用時は枕もとになる部分の照明。

照明が多く、覚えているだけで5種類くらいあった。足元灯があるのが寝台車両らしい。
昼行列車では終点の到着は夜になる。いろいろな照明を使い分けて車窓を楽しめるのが良かった。


始発の下関駅から乗車し、終点大阪駅までの全区間乗車。
先ほど述べたように、昼行列車の終着駅への到着は夜。昼と夜それぞれ違った雰囲気で列車を楽しむことができるので、意外とあっという間の11時間半だった。


フリースペースを楽しむもよし、客室でのんびりするもよし。ここでいう"のんびり"とはもちろんごろ寝することで、これまでにないくつろぎを体感できた列車旅だった。
夜行列車だと"のんびり"ではなく"睡眠"になるわけだから、おそらく夜行に乗っていたらこんな感想は出なかったと思う。
グリーン料金は高めで痛いけど、払った価値以上の満足度。存分に銀河を堪能し楽しむことができたツアーだった。


昼行列車ツアーやその他についてはまた後日。




今回はこの辺で。


最後までご覧いただきありがとうございます
クリックしていただけると励みになります

にほんブログ村 鉄道ブログへ

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ

鉄道コム