地震により発生した東北新幹線の不通区間を補うため、那須塩原~仙台に臨時快速列車が設定されることが発表された。

IMGP6198

臨時快速列車は上下線2本ずつ。
・下り列車
那須塩原 1100 1847
新白河  1125 1913
郡山   1156 1945
福島   1232 2021
白石   1259 2048
仙台   1332 2125

・上り列車
仙台   658 1436
白石   739 1518
福島   808 1547
郡山   845 1624
新白河  917 1654
那須塩原 942 1719


充当は新潟車両センターのE653系U101編成。仙台を起点に1編成で2往復するダイヤ設定となっている。
SNSの目撃によると、やはり使用するのは7両中の6両分で1号車のグリーン車は締切りになる模様。E653系1000番台としては、郡山以北や仙台へは初入線となる。


国鉄型車両がいなくなり、長距離列車や夜行列車に駆り出されることが多いE653系。運用にも余剰があり程よい長さの編成、使い勝手が良いのかもしれない。地元を走ってたニューフェイスの印象だった車両が波動用に用いられているというのは違和感しかないのだけど...。




今回はこの辺で。


最後までご覧いただきありがとうございます
クリックしていただけると励みになります

にほんブログ村 鉄道ブログへ

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ

鉄道コム