IMGP8093i
試9531レ EF81-81+カヤ27-501+EF81-139 黒磯訓練

運用が無くなり、尾久車両センターに残るのは5両のにとなった24系。24系に代わって黒磯訓練に使われているのは、E26系カシオペアの予備電源車カヤ27-501。
普段本線上で見かけるチャンスはそうそうないカヤ27が、1両単独で駆り出される。贅沢にも田端機関区のEL2両でPP(プッシュプル)運転。昔の黒磯訓練では考えられなかったような組成でおもしろい。

その際、カヤ27の一方は電気連結器であるため、田端所属で唯一双頭連結器を持つEF81-139が用いられる。よってほとんどの場合、上野寄りにEF81-139が来るが、何度かはカヤの方向転換を行い宇都宮寄りになったことがあるらしい。尾久の転車台を使ってわざわざ方転したみたいだが...理由はわからず。


引退が遠くないと思われる車両で頻繁に行われる乗務員訓練は、走行距離を稼いでる(?)なんて話を聞いたことある。カヤが用いられているのはそう言った意味合いもあるのだろうか?そもそも走行距離を稼ぐ話の信憑性も微妙なところだけど...。



今回はこの辺で。


最後までご覧いただきありがとうございます
クリックしていただけると励みになります

にほんブログ村 鉄道ブログへ

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ

鉄道コム