今回は中央線の神田~御茶ノ水駅間にかつて存在した、万世橋駅のお話。
今回は主に旧交通博物館時代の写真を載せていく。現在の万世橋駅の姿は別の記事で紹介します。

BRNB422000C1EE8_000078
中央本線の前身である私鉄「甲武鉄道」は八王子~新宿を開業させ、さらに東へと延伸する計画を進めており、牛込・飯田町(統合されて現在の飯田橋駅)、御茶ノ水と段階的に延伸を行ってきた。途中、国有化された影響で延伸に遅れが出たものの、1912年に開業したのが万世橋駅だ。


万世橋駅は終着駅ということに加えて総武線の敷設計画があったため、ターミナル駅として存在していた。しかし、1914年の東京駅開業、1919年に中央線が延伸されたため、ターミナル駅としての役割はたった7年のみとなり、鉄道ファンの中でも語られる話となった。

1923年の関東大震災による被災や秋葉原駅の開業もあり、万世橋駅は休止に。後に、現在の鉄道博物館(大宮)の前身である「交通博物館」が開設された。


交通博物館は、万世橋駅の駅施設や高架下も展示スペースに活用されていた。一部だけ万世橋駅時代のものが残されており、閉館間際には特別公開が行われ、ガラス越しではあったが万世橋駅ホームを望むことができた。

BRNB422000C1EE8_000078
万世橋駅ホームから御茶ノ水方面を見る。公開向けてレプリカの駅名盤が建てられている。

写真右側(万世橋駅北側)には側線があり、ターミナル駅として機能していた時代の遺構の1つ。長距離列車の発着が行われていたらしく、方向的に総武線延伸を見据えて作られているのかもしれない。現在は保線車両の留置線等に活用されている。

ここでは、交通博物館閉館間際にEF58-1やDD51+24系の特別展示が行われた。最近では2014年に南部支線用205系ワ1編成2両が入線した経歴がある。


BRNB422000C1EE8_000080
神田方面を望む。201系が写っているのが懐かしいですね(笑)。
駅の南側、高尾方面行き線路すぐのところにまで交通博物館の建物が迫っている。

BRNB422000C1EE8_000081
こちらは神田川方面。

BRNB422000C1EE8_000082
これはホームに上る前、駅構内の一部を移したもの。明かりが少なくおどろおどろしい(笑)。

神田~御茶ノ水は、山手線の新橋~有楽町等と同じく、赤レンガ造りでアーチ状の空間が等間隔に並ぶような高架になっている。交通博物館があった当時は、万世橋駅構内のほとんどが他の展示スペース、ホームへと続く階段や改札後までもが休憩スペースや他の展示物が並べられた空間だった。
そのため、万世橋駅特別公開での目玉はホームくらいだったような記憶が...(笑)。手元に残っている資料が少なく記憶も曖昧で恐縮だが、パノラマジャーニーさんのサイトで一部を見ることができるので、そちらもぜひ参照されたい。

万世橋駅パノラマへはこちらから。
パノラマジャーニーさんの万世橋駅記事はこちらから。


2013年に、万世橋駅は生まれ変わり、カフェやテラス付きの飲食店がオープン。万世橋駅も一般公開されている。今回そちらも訪れたので、その様子は別の記事で。


今回はこの辺で。



最後までご覧いただきありがとうございます
クリックしていただけると励みになります

にほんブログ村 鉄道ブログへ

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ

鉄道コム