鉄道会社から発売される記念切符。ちょこちょこ収集してきた中から、今日の日付にちなんだネタ。

RIMG0305
新京成電鉄が2011年11月11日に発売した、11.11.11記念乗車券。
限定2011枚だけ発売された切符で、新鎌ヶ谷・京成津田沼以外の各駅で発売されたものだ。
8900形とN800形の2形式が印刷されている。

RIMG0303
RIMG0304
松戸、京成津田沼のそれぞれから250円区間の片道乗車券2枚セット。専用の封筒に入れられる。

当時はまだマルーン塗装がメインの時代で、8900形は独自塗装、N800形はレッドの帯を巻いている頃。頃というか、そんなに昔でもないのだが、ここ数年で全てピンクになってしまったため懐かしい感じがしてしまう。


この切符が盛況だったのか、これ以降に記念切符を続々と出してきた印象があるような。こういうグッズは記念にもコレクションにも良いので良い傾向のように思う。
最近は新京成の注目度も上がっているようで、撮影者が増えたように感じる一方、京成との車両形式統一やピンク化で個性が...。短い路線ながら多形式が行き交う関東唯一の準大手私鉄会社という変わった路線なのは相変わらず。続々と模型製品化もされていて、地元路線なので嬉しく思う。








最後までご覧いただきありがとうございます
クリックしていただけると励みになります

にほんブログ村 鉄道ブログへ

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ

鉄道コム