武蔵野線が引退し、関東の205系がいよいよ少数派となってきた。今現在、関東近郊で205系が見られるのは、宇都宮線、日光線、南部支線辺りと相模線...あとは富士急行線だろうか。

武蔵野線、というより多くの路線でなじみ深い丸目ライトの通称"原型顔"。あんなに頻繁に見た原型顔車両も今や少数。関東に残るのは宇都宮線用車両の2編成のみとなってしまった(「205系で」という意味なので富士急は除く)。

IMGP8103
宇都宮線・日光線には、京葉線・埼京線で使用していた車両が投入されている。写真の原型顔の205系は、4両2編成が小山車両センターに在籍し、主に宇都宮線で活躍中。原型顔編成はどちらも埼京線から転属した編成で湘南色の帯を巻いている。

見た目には電気連結器を装備している点が目立つ。通勤型車両なので似つかわしくないが、連結運用もあるため必要な装備品であろう。改造された箇所はあるものの205系らしさを保っており、モーターやドア等が良い具合にうるさいまま(褒め言葉)。4両になっても相変わらずで懐かしい感じを体験できる。



首都圏最後の205系原型顔が宇都宮線になるだろうと誰が予想できただろう。少し前ならウソ電や現実味のない噂に過ぎない話だ。一方、武蔵野線では来るとラッキーと言われていた209系が数を増やし、飽きるほど見た205系がいないという現実。なかなか信じがたい。

国鉄時代に製造された車両が引退し、そしてJR化後まもない頃の車両も引退が始まってきた。ペースが早いように思うが、それが正しいのか自分が年取っただけなのか...(笑)。


今回はこの辺で。
明日(11/1)の更新はおやすみします。




最後までご覧いただきありがとうございます
クリックしていただけると励みになります

にほんブログ村 鉄道ブログへ

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ

鉄道コム