毎日更新を宣言していながら、昨日は更新が出来ず...。予約更新の日付が間違ってまして...寝ぼけて更新するのは良くないと改めて実感。本日もご覧いただきありがとうございます、今後も出来る限り更新を続けていくのでお付き合いください<(_ _)>


さて今回はJR北海道785系のお話。
今や希少車種の785系。かつて走っていたオモシロ列車の1つに、エアポートカムイと呼ばれる列車があった。

列車は、旭川~札幌は特急カムイとして、札幌~新千歳空港は快速エアポートとして運転されるというもの。旭川発着のエアポートとかエアポートカムイなどと呼ばれていた。

DSC_0278
直通運転開始当初は781系特急ライラックが乗り入れていたこの運転形態。途中、乗り入れる列車が785系特急スーパーホワイトアローに変わり、その後789系特急スーパーカムイ乗り入れるようになった。スーパーカムイでは785系と共通運用を組み、5両編成中1両はuシートを連結して運転されていた。

特急車両で運転される快速列車というオモシロ運用だったが、2ドア5両編成の特急型というのは混雑するようで...20年以上の歴史ある列車だったが2016年に廃止されてしまった。733系等の快速エアポートは3ドア6両が基本、やはり輸送力という面では劣ってしまうだろう。


この運用が廃止されるとともに、札幌~旭川の特急はライラック・カムイの2種に。また、785系はこの区間の運転を789系に譲ることとなった。
その頃5両7編成いた785系は今は5両2編成のみに。789系と共通運用の特急すずらんを担当している。785系には今夏の遠征では会えなかったが...いつまで走るのだろうか?








最後までご覧いただきありがとうございます
クリックしていただけると励みになります

にほんブログ村 鉄道ブログへ

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ

鉄道コム


◎れいるのおと管理人のTwitterはこちら◎