10月9日、ということで日付ネタ。JR北海道のレア車、721系F-1009編成のお話。


721系は主に札幌圏で活躍する車両。1988年から2003年まで間、諸々の変更を重ねながら製造された。
3両編成で登場した721系1000番台は、2003年頃に編成組み換えが行われ、8次車の中間車を組み込み6両固定編成になった。組み換えされずに3両で残ったのがF-1009編成だ。

731系の開発試験に用いられたため屋根上機器等に特徴が見られる車両で、残存する唯一の721系1000番台になっている(組み換えした車両は改番された)。

DSC_0271
同じ頃に行われた改造で、先頭車にuシートを備えるという唯一無二の形態になったF-1009編成。同じく1000番台の編成組み換えで誕生したF-5001編成とペアを組み、快速エアポートを担当することも多かった。733系の登場で近年はエアポート運用に就くことは少なく、3両単独や他の編成と連結して普通列車をメインに活躍している。


uシートは快速エアポート用の指定席であるため、普通列車の時は自由席として開放されており、乗車券のみでuシートに乗ることができる。これは学園都市線等にエアポート用車両が充てられればタダ乗りできるので、そこまで珍しいことではないかもしれない。
他の車両と連結した6両編成でF-1009のuシートが先頭になることもあり、その際は比較的注目を集めているよう。


今回載せた写真は、長期運用離脱後に検査のため苗穂工場に入場する時の1コマ(2015年)。DD51に牽引されるために連結器が通常と異なっているというちょっと珍しいシーンでもある。この時に機器更新やシートの交換もされているらしく、まだまだ活躍が見込めそうだ。が、733系の増備により731系は快速エアポートから撤退予定であるため、uシートを備えた姿は早々に終わってしまうかもしれない...。







最後までご覧いただきありがとうございます
クリックしていただけると励みになります

にほんブログ村 鉄道ブログへ

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ

鉄道コム


◎れいるのおと管理人のTwitterはこちら◎