速達タイプのひたち号と停車駅が多めのときわ号の2列車での運転がされている常磐線特急。
かつてはスーパーひたち・フレッシュひたちの2列車がメインで走っていて、車両がE657系に統一されることをきっかけに列車名変更をされた。

首都圏主要路線の特急列車は、利用客が多い時期に増発される。中でも常磐線特急は、大型連休等のシーズン以外にも増発されることが多く、週末や土日にも運転されている。
2004年に登場した"ウィークエンドフレッシュひたち"は、毎週金曜夜の下りと土曜朝の上りに増発されていた臨時特急列車。上野~勝田間で走行していたこの列車は、2005年7月のダイヤ改正でなくなってしまい、たった1年半の運転だった。


RIMG5667
上野に停車中の651系。

金曜夜の下りが上野22:15-勝田23:49で651系7両での運転、土曜朝の上りが勝田6:27-上野8:09で651系11両での運転だった。
2005年のダイヤ改正で、下りは定期列車フレッシュひたち67号となり毎日運転に、上り列車は廃止されたが、2006年3月のダイヤ改正で同じようなダイヤで走る定期列車フレッシュひたち8号が設定されている。

RIMG5665

651系で運転されていたため、前面のLEDにも専用のデザインが用意されていた。
運転終了後はイベント等でしか見られなくなってしまったこの幕。実はこの写真も運転当時のものではなく、車掌さんのご厚意で表示してもらったもの。


この頃はおはようフレッシュひたち等も走っていたが、すべてスーパーひたち・フレッシュひたちに統一。70番台の号数を名乗る列車までが定期列車として存在していた。今の「ひたち」「ときわ」は号数の振り方が異なっていて、定期のひたち号は1~30、ときわ号は51~92までの号数が付けられる。


現役で走るウィークエンドフレッシュひたちらしい列車としてときわ96号が挙げられる。これは金曜日に増発される上りの臨時特急列車で、ウィー...Fひたちとは上り下りが異なっている。JRの想定した需要と本来の需要が全く逆だったといえるのかもしれない。

列車名も多く、E653系の登場で列車のバリエーションも多かったこの頃の常磐線。車種も豊富で楽しかったですね(笑)。




クリックしていただけると励みになります<(_ _)>
他の方のブログも見られます

にほんブログ村 鉄道ブログへ

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ

鉄道コム


◎れいるのおと管理人のTwitterはこちら◎