つい更新をサボってしまってよくないので、しばらくは毎日更新を目標にしてみようと思う...いつまで続くかわからないが(笑
さて今回は京葉線の205系の写真が出てきたのでそのお話でも。

まもなく首都圏から撤退する205系0番台。
かつては京葉線でも活躍していて、今は役目をE233系に譲った形になっている。
京葉線に新製投入された205系は、他の路線で活躍する0番台と同じ番台を名乗りながら前面デザインが変更されて導入された。
沿線にある東京ディズニーリゾートをイメージしたと言われるその顔は、ファンからはメルヘン顔と呼ばれていた。


RIMG3104
大宮車両センター構内で留置されているのを撮影。

京葉線の205系は19本在籍、7編成は他路線からの転入した丸目ライトの0番台で、残りの12編成がメルヘン顔だった。直通する武蔵野線にも5編成のメルヘン顔が投入され、計17編成のメルヘン顔が活躍していた。

その後、京葉線のメルヘン顔は、6編成が宇都宮線向け、4編成が日光線向けに改造・改番され小山車両センターへ転出。残り2編成(ケヨ11・12編成)はまるごと廃車になり、205系として初の廃車車両となった。
ちなみに武蔵野線のメルヘン顔は5編成すべてがインドネシアへ海外譲渡され、メルヘン顔は都内近郊では見られなくなってしまった。




模型の世界では、メルヘン顔は京葉線・武蔵野線向けをKATO、日光線・宇都宮線向けをTOMYTECの鉄コレが製品化している。あとで知ったのだが、未塗装キットとしてGMでも製品化しているらしい。
KATOの武蔵野線メルヘンは特別企画品扱いであるため再販が望めそうになく、京葉線タイプも10年前の製品なので金型が古いのではないかと思う。日光・宇都宮線を出してる鉄コレだが動力化やライト点灯化など面倒なので、KATOがフルリニューアルするとかTOMIXが新規作成するとかで一気に製品化してくれると良さそう。京葉線車両はほとんど製品化しているKATOさんに期待といった感じだろうか。






クリックしていただけると励みになります<(_ _)>

にほんブログ村 鉄道ブログへ

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ

鉄道コム


◎◎れいるのおと管理人のTwitterはこちら◎◎