れいるのおと

れいるのおと イメージ画像
撮り鉄、乗り鉄、模型鉄、たまに鉄道旅行。小話からディープなネタまで。あれこれかじって語りたいだけのブログ。

更新情報

食堂車サービスの全盛期というと、新幹線黎明期や寝台特急の運転が盛んだった頃を指すだろう。サービスの廃止が相次ぎ、食堂車という車両そのものも相当数を減らしてきた。が、近年は食事を伴う観光・イベント列車が流行りだ。車両記号“シ”が付される車両が再び増え始め、
『―令和生まれの食堂車を覗いてみる―サフィール踊り子のカフェテリア』の画像

今、キャンペーンで成田エクスプレスが大変お安く乗れる。先日書いたNEXこと成田エクスプレスの乗車記に載せ忘れたので、今回はこの件についてツラツラ語りたい。コロナ禍で訪日観光客が減り、利用が激減したために運休を余儀なくされたE259系NEX。この春からは千葉駅停車と
『普通車グリーンより安くNEXに乗れる方法とは』の画像

2022年4月から、田端運転所から尾久車両センター所属となったJR東日本のEF81。そのうち初めての廃車となったゲサンサンこと133号機について触れてみたい。EF81-133号機は、1976年に日立製作所で製造された車両である。新製配置は、山形県にあった酒田運転所。酒田運転所は198
『ヒサシ付き北斗星色の人気車両 EF81-133』の画像

先日入線したKATOのD51-498。走れる状態にするため、簡単な入線整備を行った。SL初入線ということで勝手がわからないため、いつも以上に慎重に丁寧に...。・KATO D51 498(副灯付) 入線!KATOのD51-498。車両の取り出し方から注意を払わなければいけない点に、あぁ鉄道模型っ
『KATO D51-498の入線整備』の画像

名古屋駅に降り立った。名古屋名物で思い付くのは、味噌カツ、味噌煮込みうどん、きしめん、ひつまぶし、名古屋コーチン、小倉トーストー....などなど。来るたびに何を食べるか迷うこと。名古屋に来たら楽しむべきことの1つだと思う笑。僕がよくやるオタク旅行の場合、名古屋
『名古屋駅 新幹線ホームで食べるきしめんが美味い』の画像

新年度に入り、何度か用事で千葉へ行くことが増えた。遠くて行くのは面倒だけど、せっかく行くなら毎回異なる経路を選んで乗り鉄を楽しみたい。これがオタクの性(笑)。ある日経路として選んだのはNEXこと成田エクスプレス。今年から千葉駅停車が増えたのでタイミングが良かっ
『【広々快適】E259系成田エクスプレスの普通車に乗車!』の画像

万世橋駅の記事の続き。鉄道博物館の前身で2006年に閉館した「交通博物館」と、廃止後は保存・展示がされていた万世橋駅跡。2013年に付近一帯の再開発が終わり、博物館跡地はJR神田万世橋ビルへ、駅遺構はいつでも遺構を楽しめるように整備された。商業施設一帯は「マーチエ
『万世橋駅・交通博物館跡地に行ってみる』の画像

KATOがのぞみ号で活躍した300系新幹線を製品化する。ついにKATO製300系が発売される。発売予定は2022年秋。・アルミ合金車体の採用による軽量化で270km/hの営業最高速度を実現した元祖「のぞみ」・プロトタイプは晩年の東京第二車両所所属の3次車(J17、18、20-23)編成・引き
『KATOから300系新幹線 製品化決定』の画像

ちょっとした小話。鉄道のドアに貼り付けてあるドアステッカーの話。ドアステッカーとは、乗降時の注意喚起や広告が掲載されているシールのこと。実は意外と各社の色が現れる部分であり、年々変化しているパーツの1つであったりする。震災後の節電中ステッカーなどは、市販も
『貼り方が変化 JR車のドアステッカー』の画像

JR四国が運転する観光列車「藍よしのがわトロッコ」に乗車してきた。前編に続いて、後編ではキハ185形ついての乗車レビューを綴っていきたい。全国でトロッコ列車というと機関車牽引+トロッコ客車というのが主流である。しかしJR四国ではどれも既存の気動車を連結した形での
『"藍よしのがわトロッコ"で徳島線を行く 後編』の画像

今日は5月1日。例によって日付ネタで(笑)。模型の入線整備してなかったことに気づいたのでちゃちゃっと整備。・マイクロエース E501系登場時 入線!約1年前に入線したマイクロエースのE501系(登場時)10両基本編成。TOMIX、マイクロエースの2社が模型化、上野乗り入れや水戸線
『マイクロエース E501系(登場時) 入線整備』の画像

ちょっと昔の画像から。中央線の神田~御茶ノ水駅間にかつて存在した、万世橋(まんせいばし)駅のお話。神田、秋葉原、御茶ノ水の真ん中辺りに位置する駅、万世橋。かつて存在したこの駅の目の前には、大宮の鉄道博物館の前身「交通博物館」があった。交通博物館では、大宮移
『【過去画】面影残る 中央線万世橋駅の遺構を見学』の画像

少し前の話。友人と一緒にレンタルレイアウトで運転会を行った。場所はずーっと行きたかったRe-Color(リカラー)の大阪店。模型を詰め込んで、東京から車でお伺いしてきました笑レイアウト全景。大きなレイアウトに多彩な路線設定、作りこまれた情景、留置線の豊富さ、緩やか
『大阪リカラー3・4番線で夜景運転を楽しむ』の画像

E2系といえば?あさま・やまびこは赤いラインの0番台、りんごのマークとピンクラインの1000番台ははやて。このイメージが個人的にはしっくり来る。今回はそのはやてという列車について触れてみたい。はやてという列車名は、2002年12月の東北新幹線八戸延長時に登場した、当時
『本数を減らすはやて号とE2系の話』の画像

JR四国が運転する観光列車「藍よしのがわトロッコ」に乗車してきた。前編ではキクハ32形トロッコについて、乗車レビューを綴っていきたい。藍(あい)よしのがわトロッコとは、JR四国の徳島線を走る観光列車である。徳島線は吉野川に沿って線路が敷かれており、美しい車窓をト
『"藍よしのがわトロッコ"で徳島線を行く 前編』の画像

RM Models恒例となった、模型が映える背景紙シリーズ。4月21日発売の321号では桜バージョンのものが付録している。春らしくて大変良い。流し撮りらしく模型が撮れるというのは素晴らしい。今まで何度か付録で登場しているこのシリーズ、僕も2回だけ購入している(今回が2回目)
『桜背景で鉄道模型を流し撮り(RM Models321号付録)』の画像

表題通り。久しぶりにカシオペア信州が運転された。前回の運転は2020年10月、およそ1年半ぶりの運転となった。9011レ EF64-1001牽引+E26系カシオペア カシオペア紀行長野行き編成写真を狙える場所がなかったため、今回は流しで迎え撃ち。今回の牽引はEF64-1001が担当。茶
『カシオペア信州、EF64-1001牽引で運転』の画像

引退した鉄道車両のうち、鉄道史に残るような車両は保存や展示されることが恒例だ。近年では名車が多くなり過ぎて保管施設が困っていたり解体されたりといったケースが増えているのだが...。その話はまた今度。今回は鉄道の街、新潟県新津市にある新津鉄道資料館に訪れた時の
『【新津鉄道資料館で保存】200系K47編成を見る!』の画像

先日入線した、KATOの12系を整備。・KATO 12系客車 高崎車両センター が入線!まずは肝の(?)オヤ12-1から。付属のシールでSL伴走車の方向幕を貼り付け、反射板を取り付け。この反射板、両面テープで取り付ける仕様で、これはKATO品にしては珍しい気もする。取り付け有無を選
『KATO 12系客車 高崎車両センター 入線整備』の画像

JR四国の松山駅。ここでは列車の縦列停車を見ることができる。手前が8000系しおかぜ・いしづち号、奥が2000系宇和海号。写真左側には改札があり、改札から2つの列車に直接アクセス、同時ホーム乗り換えが可能な構図になっている。全国でもそう多くない縦列停車のなかでも、松
『【同じホームに2つの列車】縦列停車を見る』の画像

JR北海道から発売されている、過去一お得なフリーパスの再販が始まっている。そのフリーパスの名は「HOKKAIDO LOVE!6日間周遊パス」。GoToトラベルが始まった頃にスタートした利用促進目的のフリーパスだが、コロナウイルス感染者爆発的増加の影響で発売を中止していた。こ
『【過去一破格な切符】HOKKAIDO LOVE!6日間周遊パスとは』の画像

かねてから予告されていた通り、JR東日本の田端運転所は2022年3月31日で車両基地としての役目を終えた。労組資料によればこれらは組織改編によるもので、今後田端運転所に所属していた車両は隣接する尾久車両センター所属扱いとなる。大きく変わる点は、車両横の所属先を示す
『【ありがとう田端運転所】田端の機関車が尾久所属へ』の画像

当区初のSL車両、KATOのD51-498(副灯付)が入線!・KATO 2016-A D51 498(副灯付)D51形蒸気機関車の498号機であります。兵庫県の国鉄鷹取工場にて昭和15年(1940年)落成、各地を走り回ったのち1972年に勇退、群馬県の後閑駅で静態保存されていた498号機。国鉄民営化後にSL復活
『KATO D51 498(副灯付) 入線!』の画像

東武の看板特急、スペーシア号に乗車してきたのでレビュー。スペーシアの愛称で親しまれるこの車両は、東武鉄道の100系。デラックスロマンスカー(DRC)置き換えを目的に1990年に登場、以降30年以上、東武鉄道のフラッグシップ車両として走り続けている。日光・鬼怒川への観光
『【まるでホテル】東武 特急スペーシアの上質座席で日光・鬼怒川へ』の画像

先週の話になるが、JR東日本の東京総合車両センターに所属していたクモヤ143系2両が、廃車回送された。これでクモヤ143系0番台は形式消滅、引退・廃車を迎えることとなる。令和の時代にも生き残っているという方が驚きだったか。本線上の牽引車としての役目がなくなり、本線
『さようなら クモヤ143系0番台』の画像

先日入線したTOMIXのE231系スカ色。入線整備を行った。・TOMIX E231系スカ色(成田線開業120周年ラッピング)が入線!施した整備は、取説通りのパーツ取り付け、インレタ貼り付け、HM(ヘッドマーク)と室内灯の設置、TNカプラー化、とまぁ一般的なフルコース。編成指定の限定品
『TOMIX E231系スカ色 入線整備』の画像

かなり間が空いたが今日からぼちぼち更新再開。今回は東武特急りょうもう号に乗ってきた話。特急りょうもうは、主に浅草~赤城間で運転されている東武の特急列車だ。写真の200系(200型・250型)は、1991年に登場、先代1800系で運転されていた急行りょうもう号のスピードアップ
『東武200系(250型) 特急りょうもうに乗る!』の画像

ダイヤ改正で消滅した車両や変更点について、個人的に気になった大きな出来事のみ触れてみたい。VSE引退などの大きな話題もあるけど、ここではJRに限定して触れていく。・日光線・東北本線(宇都宮線)・相模線の205系が引退既報の通りだが、関東圏で活躍を続けていた205系は引
『JRグループ ダイヤ改正2022春』の画像

昔、"おおぼけ"駅って知ってる?と聞かれたことがある。なんだその駅は。どう書いてそう読むんだ。調べてみたら、大きいに歩くに危ないで大歩危と知った。へぇ変わった駅名もあるもんだ。四国旅の時、地図を眺めていたらふとそう聞かれた時のことを思い出した。せっかくの四
『大歩危(おおぼけ)駅には何があるのか』の画像

いよいよ最後が近づく日光線の205系。乗り納めと称して訪れたところ、ありがとうヘッドマーク(HM)掲出編成がやってきた。850M 205系Y8編成 引退記念HM掲出引退記念のヘッドマークはY2→Y7編成、Y8編成、Y12編成に掲出中。日光線に行ったけど日中運用担当はY8編成といろは。
『205系湘南色 ありがとうHM掲出』の画像

E261系サフィール踊り子。東海道線の伊豆への観光特急として、251系スーパービュー踊り子の後継となった車両である。8両編成のE261系は、全車グリーン車で構成されるという贅沢な列車になっている。乗車する機会を得たので軽めレポ。乗車録のような車窓に触れたものではなく
『【心地よさ最高】E261系 サフィール踊り子のグリーン車に乗る!』の画像

東京から西に向かう東海道新幹線と、北に伸びる東北方面の新幹線。国鉄時代、これら新幹線には直通計画があった。計画は、東海道新幹線・東北新幹線の線路を繋ぎ直通させるというもの。東京駅の一部ホームのみを直通用ホームにする予定だったことから、全列車の直通を行う予
『【新幹線直通運転計画の跡】東京駅14・15番線ホームを見る』の画像

新潟地区に残る、JR東日本の最後の115系たち。彼らの運用の1つに、信越本線の快速運用がある。新井快速と呼ばれるその列車は、信越本線あらためえちごトキめき鉄道の新井駅発着の快速列車。越後線や弥彦線の各駅停車運用がメインの115系に残された、最後の花形運用なのである
『115系 信越本線の新井快速3374Mに乗車!』の画像

JR四国が展開するアンパンマン列車シリーズ。本州に乗り入れる特急南風(なんぷう)にも一部列車がアンパンマン列車が充てられ運転されている。南風のアンパンマン列車は、思い切りキッズ用に振った車両ではなく、世間一般的な“ラッピング”程度に留まっており、一般利用もし
『2700系 特急南風のアンパンマン列車』の画像

ちょっとした小話。駅でふと天井を見上げると、国鉄時代の名残が残っていることがある。写真は八王子駅の横浜線ホームで見つけた列車接近表示器。101系が描かれたデザインが、民営化以前から使用されていることを物語っている。通過電車と書かれているが、現在この表示器が設
『国鉄時代の名残 列車接近表示器』の画像

KATOのDD51が入線です!・KATO 7008-G DD51 800番台 高崎車両センターJR東日本高崎車両センター所属のDD51であります。5両ほどいる同所のDD51のうち、今製品のプロトタイプは895号機。お召予備機の車両であり、お召指定機の842号機とともに現役で活躍中だ。気づけばJR東日本
『KATO DD51-800 高崎車両センター入線!』の画像

怒涛の発売ラッシュが続きます...KATOから発売された12系が入線!・KATO 10-1720 12系客車 JR東日本高崎車両センター旧製品が製品化されてから何年経っただろうか、やっとリニューアルがされましたKATOの12系(JR東日本仕様)。高崎車両センターに所属する6両の12系を模型に落
『KATO 12系客車 高崎車両センター が入線!』の画像

TOMIXから発売された215系近郊型電車が入線!・TOMIX 98444&98445 JR 215系近郊電車(2次車)JR東日本が誇るオール2階建て(先頭車を除く)車両、215系。1編成で1000席以上の座席数を確保し、両端先頭車に動力を集中させたプッシュプル運転のような方式を採用。朝晩のライナーに
『TOMIX 215系が入線!!』の画像

千葉県にある常磐線の馬橋駅。ここから千葉県流山市までを結ぶ私鉄 流鉄流山線。すべて元西武新101系で運転されている私鉄で、流鉄では5000形を名乗る。全車2両編成で、各編成には独自のカラーリングと名前が与えられていることで知られる。写真は"なの花"編成と"あかぎ"編成
『流鉄流山線 混色編成が運転中』の画像

今日2022年2月23日、JR東日本の勝田車両センターで特急車両撮影会という有料制イベントが開催された。先着順ながら運良く参加券を得ることができ、参加してきたので軽くレポ。右から651系、E653系K70編成、E655系、E657系の並び。事前告知ではE655系が参加するという発表はな
『【おかえり651系】勝田車両センター 特急車両撮影会に参加!』の画像

列車の行く先を決めるポイント。その切り替えは電気的な指令によって動くものが多いが、ローカル線などでは操作不要タイプのものが使われることがある。それがスプリングポイント。都電荒川線で使われているものを観察してみた。訪れたのは荒川車庫前。車庫からの引き込み線
『【押しのけて進む】都電荒川線のスプリングポイントを見る』の画像

例によって日付ネタ笑。ちょっとした雑談。奈良線の普通列車の運用に就く221系。奈良線で221系といえば、6両固定編成がみやこ路快速として走るシーンが印象強い。現在はそれに加え、普通列車に充当される運用が増えている。221系は、225系の投入による玉突きで網干総合車両所
『奈良線 普通列車の221系』の画像

JR四国2600系の特急うずしおに乗ってきたのでレビュー。今回は車内が混雑していたため、資料少なめの軽めレポ。2000系気動車の置き換えようとして投入された2600系気動車。量産先行車でデータを取り、その後量産化が行われる予定だった。しかし、試験投入期間で得た結果をも
『【少数派】JR四国2600系うずしおに乗る!』の画像

以前から所有していたKATOのEF81-81をレビューしていきたい。・KATO 3066-6 EF81 81 お召塗装機(JR仕様)2014年に突如復活した、EF81のお召カラー。お召し列車牽引歴がある81号機の全般検査に併せて塗装変更が行われ、以降お召カラーのまま活躍を続けている。模型ではお召しカ
『KATO EF81-81 お召塗装機(JR仕様) レビュー』の画像

特急やくもの運用に就く381系。国内で唯一、国鉄型車両が定期で走る特急列車だったが、いよいよ置き換えの詳細が発表された。特急やくもは今年で誕生50周年。誕生当時は伯備線は非電化、キハ181系で運転されていた。伯備線の電化後は381系が担当、約40年に渡り活躍し続けてい
『特急やくも 381系を置き換え&国鉄色復活へ』の画像

JR貨物のEF65。引退を危惧するのはまだ早いかなと思われる車両形式だが、徐々に運用が減ってきているよう。ダイヤ改正を迎えるたびに、活躍線区で充当列車の数が減ったり線区を変えたり。近年、常磐線や武蔵野線などで見かける機会は以前に比べてかなり減ってきたように感じ
『EF65PF牽引 代走89レ』の画像

表題通り。独り言というか備忘録というか...そんな感じで綴ります。マイクロエースのLED室内灯白色(狭幅)を買ってきた。・G0008 マイクロエース室内灯 狭幅 白色マイクロエースの室内灯は、幅が広いもの狭いものと2種類ある。広幅か狭幅かは車両によって異なるため、取説や
『マイクロエース LED室内灯白色(狭幅)を買ってきた』の画像

本日、日光線向けE131系の配給輸送が越後石山~小金井(小山車両センター)間で行われた。配9728レ E131系680番台TN15編成(3連) 新津配給経路は、越後石山~水上~大宮~田端操~南流山~大宮~小金井。いつも通り首都圏まで南下し、ぐるっと回って所属先へと輸送された。過去
『【最終増備】日光線向けE131系 新津配給を撮影』の画像

国道17号をドライブしていた時のこと。みなかみを過ぎた辺りで、静態保存されている車両に遭遇した。特徴的な窓と折戸、どうみても12系。オハ12だろうか、外観は剥がれ落ち状態はよろしくないが、きちんと線路の上に載せられて保存(?)されている。真っ赤な塗装の12系は初め
『群馬で出会った元ジョイフルトレイン"やすらぎ"の12系』の画像

四国1周旅の往路で乗車した夜行バスの話。・2泊3日 鉄道だけで四国1周の旅!夜行バスはいろいろあるけど、今回は日本一豪華と呼ばれる個室夜行バスのチケットをゲット。今回は前後編で。前編では設備紹介、後編では乗車録を綴っていく。前編はこちら。予約をしたマイフローラ
『日本一豪華な個室夜行バスで四国 徳島へ 後編』の画像

↑このページのトップヘ