れいるのおと

鉄道写真とNゲージ、たまに鉄道旅行についてあれこれ書いています。20時ごろに更新してます。

ご訪問ありがとうございます。
ブログ名が似ているサイトがいくつかあって恐縮ですが、当ブログは他のサイト・ブログ等と一切関係ありません。

記事内容に補足や訂正のコメントをいただき助かっています。個別返信をしないことも多いですが、この場でお礼申し上げます。

GoToトラベルのためか、E655系のツアー列車がいくつか走る予定だ。10月には盛岡、越後湯沢、仙台行き、11月には横川行きの団体臨時列車が設定されている。ツアーに用いられる頻度も少なくなかなか乗車できないE655系。ここまで多く設定されるのは異例の事態といえるくらいで ...

583系の画像が出てきたので今回はそのお話。583系N-1+N-2編成&209系2100番台C440編成 2013/2/23 千葉駅にて定期運用を失い数を減らしていった583系だが、波動用で活躍した編成もあった。晩年は秋田車両センターに在籍した6両1編成のみの活躍で、首都圏へはTDL臨等の夜行列 ...

JR北海道のジョイフルトレイン「ノースレインボーエクスプレス」。キハ183系5200番台を名乗る5両編成の車両で、臨時特急フラノラベンダーエクスプレスや宗谷本線の特急代走等で活躍している車両だ。JR北海道では多目的車両としてキハ261系5000番台"はまなす編成"と"ラベンダ ...

上野東京ライン開業から早5年、特急や一部列車が品川まで行くようになり、上野東京ライン経由の臨時列車もいくつか設定されてきた。大船発着の特急草津や日光等、UTL開業の頃から走り続けている特急列車もあり、その1つに常磐線我孫子駅を発着する踊り子号が挙げられる。2015 ...

北海道には多くのキハ40が活躍しているが、ここ近年ではカラーバリエーションが増えて種類が豊富になった。道南いさりび鉄道やかつての塗装を復活した車両が走っていて、より楽しめるようになっている。2018年に登場した「北海道の恵み」シリーズのキハ40形が好評なことを受 ...

久しぶりにmue-trainを出したので、真面目にレビュー。・マイクロエース A7654 209系多目的試験車「MUE-Train」タイプ7両セット事業用車両はあまり模型化されない傾向にあるが、209系の房総、訓練車、八高線タイプと同時にリリースされたのがこのmue train。当時は、事業用新 ...

今回はEast i-Dについてのお話。JR東日本の在来線検測車として開発されたEast iシリーズ。新幹線用のE926形、在来線電化区間向けのE491系(East i-E)、非電化区間向けのキヤE193系(East i-D)がそれぞれ活躍している。非電化区間を主に検測するEast i-Dは、JR東日本管内に限ら ...

工臨の話が前後してしまうが、8月31日のお話。現役最後のEF64-0として活躍中のEF64-37。長い間ぶどう色2号の塗装で茶釜として親しまれていた37号機は、2019年より国鉄色に塗り替えられて人気が高い車両。窓枠の白Hゴムも復活し、かつての姿で走っている。8月20~31日、37号機 ...

JR北海道で行われている珍しい運転形態として有名なのが、731系とキハ201系の連結運転。この連結運転は、電車である731系と気動車であるキハ201系の協調運転となっていて、1997年から現在まで運転が続けられている。この協調運転が行われているのは、倶知安発苫小牧行き列車 ...

リニア鉄道館に展示されている700系C1編成に期間限定で「AMBISIOUS JAPAN!」ラッピングがされていたが、9月7日に終了したらしい。リニア鉄道館で撮影した写真が手元にあったので、今回はその話題で。東海道新幹線の駅で最も新しいのは、2003年に開業した品川駅。品川駅開業に ...

常磐線でチキ(レール輸送)の工臨が運転された。キヤE195系の導入によって機関車+貨車での工臨運転が終わろうとしている。工臨牽引は主にEF65が充当されていてEF81牽引は少なく、常磐線方面とたまに充当される(代走?かどうかはわからないが、稀に高崎や新津への工臨を牽引す ...

速達タイプのひたち号と停車駅が多めのときわ号の2列車での運転がされている常磐線特急。かつてはスーパーひたち・フレッシュひたちの2列車がメインで走っていて、車両がE657系に統一されることをきっかけに列車名変更をされた。首都圏主要路線の特急列車は、利用客が多い時 ...

苫小牧行きのH100系とJR東日本のGV-E400系の共同甲種輸送が行われて話題になっている。今回はH100系に関連した話でも。JR北海道のH100系は、キハ40の置き換え用として開発された電気式の気動車で、今後は100両以上増備される予定になっている。今日時点では苗穂運転所に配置 ...

今年の3月に、KATOの黒色車輪が劣化した話と題し、KATO車両の車輪の状態が自然と悪くなっていると問題提起させてもらった(記事はこちらから)。あの記事を書いてから数ヶ月、KATOの製品化発表にとある商品が。それがこちら。・KATO 中空軸車輪(スナップ式台車用)〈車軸短〉こ ...

JR北海道には、釧路湿原ノロッコと富良野美瑛ノロッコという2つのトロッコ列車を運行している。2つともぜひ撮影しておきたかったのだが、日程的に釧路へは行けず。富良野へ行く時間は作れたので富良野トロッコを撮影に向かった。富良野に来た1番の目的は、富良野ラベンダーエ ...

JR東日本とJR貨物が貨物委託契約を結んでいた頃のお話。頃というか、かつてはJR東日本の機関車が牽引する貨物が普通に走っていたが、今では見られなくなってしまった。当たり前のような光景だったので、振り返って“頃”という言葉を使うのは違和感を感じる。75レ EF81-95+ ...

TOMIXから発売された、E3系700番台現美新幹線が入線したのでご紹介。・TOMIX 98623 E3-700系上越新幹線(現美新幹線)セットとれいゆはKATOのラウンドハウスが模型化したが、現美新幹線はTOMIXが模型化。初回生産で売り切れてしまいプレミア化していたが、この度再生産されるこ ...

地震の影響を受けた北海道を応援するため、JR北海道、JR東日本、JR貨物と東急が協力して運行するTHE ROYAL EXPRESS北海道。金曜~月曜の4日間の行程で北海道を周遊するツアーで、今年は全6回の運転が計画されていたが、新型コロナウイルスの影響で全4回の運転に変更になって ...

箱根登山鉄道が全線復旧したことを記念して、直通運転を行う小田急ではイベントを実施。箱根登山鉄道線内のみで活躍している小田急の車両“赤い1000形”を、小田急線内全線で運転するというもので、8月の1か月間のみ限定運行という形で全線を走った。ダイヤ乱れ等でしか見ら ...

東海道新幹線から700系が引退する頃、KATO、TOMIX両社から700系新幹線の発売が発表された。700系引退から約6か月、先に出したのはKATO、TOMIXは9月に発売予定らしい。発売日を過ぎて数日、やっと手に入れることができたので軽くご紹介。今回入線したのは、・KATO 10-1645&10- ...

やっと諸々が片付いたので今日からぼちぼちブログを再開。改めてよろしくお願いします<(_ _)>写真は府中本町で撮影した、南武線205系の試運転と留置線から出庫する武蔵野線205系の並び。南武線はナハ44編成、武蔵野線はM30編成で、共に山手線・総武線での組み換え・転入が行 ...

いつもれいるのおとを見ていただいてありがとうございます。多忙につき、8月25日頃まで更新休止します。落ち着いてからゆっくり更新を再開したいと思います。更新できていない中でも見ていただいた方、ご訪問してくださったことへの感謝と申し訳なさを感じています。ありがと ...

上野駅で適当に撮った写真が出てきた。撮影は今から8年前の2012年11月。下り北斗星の出発待機時に撮影した1枚で、最後尾となるオハネフ25には北斗星マークとテールライトがついている。後ろの国鉄色特急は185系の国鉄塗装。3年ほどの間、限定で見られたもの(185系国鉄特急色 ...

トシイチの愛称で親しまれていたEF64の1041号機。現役時代の写真が出てきたのでご紹介。機関車や国鉄型気動車の車両の外見的特徴の1つとして、窓枠押さえの色の違いというものがある。機関車にある窓のうち開かないタイプの窓は、ゴムで窓の縁を挟んで囲い、窓枠にはめるとい ...

車両を導入したら入線記事を書くようにしているが、ブログ開始前から所有している車両についてもご紹介。今回はE257系。E257系0番台は2001年に登場した中央線用特急車両で、E653系やE751系を継いだ車体だが通勤型車両のような四角い形が特徴。近年は踊り子への転用や波動用と ...

撮り鉄や模型鉄がメインの筆者だが、切符や記念品などもぼちぼちチェックしている。北海道の記念切符が手に入ったので今回は切符の話でもしようと思う。更新予告をしておきながら1日遅れてしまいました...すいません<(_ _)>北海道で活躍するキハ40は、近年カラーリングが増え ...

明後日8月1日から、小田急線の全線で箱根登山鉄道カラーの1000形が運転を開始する。7月23日に箱根登山鉄道が全線運転再開することを記念して、1ヶ月限定で小田急全線で運転、新宿や江ノ島線、多摩線へ乗り入れることになった。赤い1000形(1061×4)。試運転を愛甲石田で撮影し ...

東京を代表する路線である山手線。主要な駅を結んでいる列車であるため、これまで数々の広告やラッピングをされてきた。中でも大きく目立ったのが、車体全体に施されるラッピング。通常はドアの戸袋付近などに広告が貼られることが多いが、稀に側面全体をフルラッピングした ...

東京から西へ伸びる新幹線は今やほとんどがN700系ファミリーだ。N700系以外の車両は、新大阪以西に行かないとお目にかかれない。東京住みの筆者にはあまり縁がない西日本・九州エリアだが、今回初のJR九州車両が入線した。N700系8000番台は、九州新幹線が博多まで延伸したと ...

mue trainに久々に大きな動きがあった。mue train好きオタクとして触れないわけにはいかないので、今回はその話を。今日、muetrainが2012年以来8年ぶりに東京総合車両センターに入場した。3年前の2017年9月に長野車両センターに入場したが、検査目的ではなく機器追加等が目的 ...

twitterを見ていて、189系N102編成ってまだ重機の餌食になってないと知って驚いた...(知らなくて衝撃の事実だったためタイトルにも入れてみました)。懐かしくなってN102編成の写真を探したら出てきたので今日はN102編成のことを。189系N102編成は、長野車両センターに所属し2 ...

East-i Eの写真が出てきた。というわけでEast-iシリーズのお話。JR東日本の線路・架線・信号を検測するEast-i。新幹線はE926形East-i、在来線電化区間はE491系East-i E、非電化区間はキヤE193系East-i Dが主に担当している。在来線タイプのイーストアイは接続する他社線の検 ...

先日、KATOのED79が入線した。既にTOMIX製のED79を入線させていたため、ED79の2台持ちになった。せっかくメーカーも異なるので、2機を比較してみようと思う。知識不足と拙い言葉であるのは目を瞑っていただいて、写真だけでも参考にしていただけたらなと思います。当区に入線 ...

今日はDE10の中でも東武鉄道に移籍するという異端な経歴の1099号機のお話。筆者の好みで今回も機関車ネタに走ってしまうが...よろしければお付き合いください<(_ _)>DE10-1099は、1971年製造の寒地仕様のDE10だ。新潟や西日本方面など各地で活躍をしたのち、宇都宮運転所へ。 ...

つい更新をサボってしまってよくないので、しばらくは毎日更新を目標にしてみようと思う...いつまで続くかわからないが(笑さて今回は京葉線の205系の写真が出てきたのでそのお話でも。まもなく首都圏から撤退する205系0番台。かつては京葉線でも活躍していて、今は役目をE233 ...

現役で活躍するEF64の中で唯一の0番台なのが、JR東日本高崎車両センターに所属するEF64-37。現在は国鉄色を纏っているが、2000年代に入ってから16年ほどずっとぶどう色2号(茶色)の塗装で活躍していた。新小岩操で入換を行うEF64-37。国鉄民営化後、高崎には36~39号機の4両の ...

先日入線したTOMIXのED79に続いて、KATOのED79が入線。カプラー交換とナンバー付けという整備とは名ばかりの作業を終えたので軽くレビュー。ED79はJR北海道が所有していた機関車で、青函トンネル内の牽引機として活躍していた機関車。カシオペアや北斗星、トワイライトエクス ...

特に書きたいことが思いつかないとき、ネタ切れの穴埋めっぽく更新してきたこの過去画カテゴリなんだが...莫大なネット遺産だったヤフーブログが無くなり昔の鉄道写真が見つけにくくなったことと、PCで眠る昔の写真に行き場を与えたいと思ったことから、これからは定期的に過 ...

現在活躍しているJR貨物のEF64は、青15号にクリーム1号を塗った国鉄色、機器更新車と未更新車を区別するために登場した大宮更新色、同じ理由で登場した広島更新色の3色。今回はそのうちの広島更新色のお話です。大宮に停車中のEF64-1049。機器更新を行っていた当時、EF64は高 ...

↑このページのトップヘ