れいるのおと

鉄道写真とNゲージ、たまに鉄道旅行についてあれこれ書いています。20時ごろに更新してます。

タグ:寝台特急

先日、KATOのED79が入線した。既にTOMIX製のED79を入線させていたため、ED79の2台持ちになった。せっかくメーカーも異なるので、2機を比較してみようと思う。知識不足と拙い言葉であるのは目を瞑っていただいて、写真だけでも参考にしていただけたらなと思います。当区に入線 ...

現役で活躍するEF64の中で唯一の0番台なのが、JR東日本高崎車両センターに所属するEF64-37。現在は国鉄色を纏っているが、2000年代に入ってから16年ほどずっとぶどう色2号(茶色)の塗装で活躍していた。新小岩操で入換を行うEF64-37。国鉄民営化後、高崎には36~39号機の4両の ...

黒磯訓練の写真が出てきた。せっかくなので黒磯訓練の振り返りと今後について考えてみる。EF81-95牽引の黒磯訓練。黒磯訓練とは、東北本線の尾久車両センター~黒磯間で乗務員訓練を目的に走る列車を指す。黒磯訓練、EL転換訓練などなどいくつかの呼び名で呼ばれている。何十 ...

今から5年前の2015年6月28日、当時秋田車両センター所属だったの583系N1・N2編成を使用したリバイバルみちのく号が運転された。ふくしまデスティネーションキャンペーンの一環として、東北新幹線開業とともに姿を消した列車を、みちのく号を担当していた583系で運転するとい ...

KATOから、EF64形機関車の1030号機が発売される。というわけで、EF64のお話。JR貨物とJR東日本が所有するEF64-1000。JR貨物では大宮更新色と広島更新色と原色、JR東日本では原色とぶどう色2号(通称う〇こハチマキ)の塗装機が活躍中だ。JR東日本で活躍するEF64のうち1030~103 ...

寝台特急あけぼのといえば、上野~青森を結んだ往年の夜行列車である。ブルートレインのイメージが強いが、繁盛期等には臨時列車として583系や485系が担当したことがある。寝台特急あけぼのは誕生から廃止まで、何種類かの経路変更、何回かの車両変更が行われて運行された歴 ...

寝台特急あけぼの号は、国鉄時代から運行されてきた定期の寝台特急だ。40年以上に渡って運行されてきたため、牽引した機関車の種類が豊富だ。寝台特急と言えばヘッドマーク、その列車を連想するようなデザインが描かれ、その列車の象徴となるものだ。あけぼのヘッドマークは ...

所有している鉄道模型は定期的にメンテナンスを行っているのだが、先日KATOのはまなすを整備したときにあることに気が付いた(KATOのはまなす導入記事はこちらから)。KATOの14系はまなす写真ではわかりにくいかもしれないが、黒車輪のメッキが剥がれている。調べてみると、黒 ...

こんにちは模型いじりもしたいところですがまずは旅行。今日は東北の某所からの更新になりました。ぼんやり過去の写真をあさっていると急行はまなすの写真が出てきました。202レ 急行はまなす撮影したこの日のはまなすは通常の7連編成。車体はボロボロで塗装はげも見られて ...

上野駅。東京駅と並んで私が好きだった駅です。上野駅は北の玄関口として、多くの列車の発着駅でした。常磐線、東北本線、高崎線と長距離路線の出発駅です。番線ホームは主に東北方面の夜行列車が発着していました。常磐線方面の寝台特急「ゆうづる」「はくつる」などは番線 ...

こんにちは毎年恒例、KATOさんのカタログに来年の製品化予定が載っていますね。気になったのはEF64-1030とEF81北斗星色でしょうか。正直、北斗星色は製品化しなかったのが謎でした(笑)。1030号機も製品化となると、1031号機も導入しておきたいなと思ってしまいます...ま、長 ...

こんにちはおひさしぶりの投稿です。いろいろ慌ただしく模型を弄る時間がありませんでした。今後もゆるく模型を楽しんでいければと思っているのでよろしくお願いします。KATOの製品化発表がありましたね。平成を駆け抜けた車両を取り扱う、みたいなことをおっしゃっていたの ...

こんにちは模型を弄れていないので更新頻度が落ちそうです。。それはさておき、群馬県にあるレンタルレイアウトパーミルさんが、新京成線の8900形を製作、販売したニュースをキャッチ(ちょっと遅い)。なぜかマイクロさんが製品化してくれない形式ですね(笑)。今回は新塗装の ...

こんにちは久しぶりの更新です。カメラの故障や多忙、トラブルなどなど...諸々でブログ更新ができない状態にありました。今回からぼちぼち再開していこうと思います。ブログ更新休止中でも模型を導入したりしてました。後々記事にしていきます。最近はKATOでは貫通編成、TOMI ...

↑このページのトップヘ