今回はちょっと特殊なSL伴走車のお話を。

残って活躍している客車列車が少ない中、事業用客車というのはもはや風前の灯火。目立った活躍はなくとも救援車として残っていたスユニ50やマニ50等が先日廃車になったばかりで...。そんな中でも、JR東日本で現役で活躍している1両がこちら、オヤ12‐1。


RIMG4928
SLのOM出場回送に連結されるオヤ12‐1。

オヤ12‐1はSL伴走車として活躍している車両で、JR東日本のD51・C61と同じ高崎車両センターに所属。SL伴走車は、これらのSLの出張時や検査入出場時、試運転時に編成に組み込まれて活躍する。SLの状態を監視する整備員が乗車するための車両として使われている。常に専用の幕「SL伴走車」が表示されていて、なかなか珍しいタイプの車両になっている。


スハフ12をもとに改造されたオヤ12‐1は、SL監視用の機器の追加や装置を置くスペース等が設けられた。改造されたものの外見には変化がなく、また座席を全て取り払ったわけではないため、客車列車の予備車的な役割もこなすことがある。

通常は乗客が乗ることはできないが、ばんえつ物語号などの客車列車の一部車両が検査で入場中の時には駆り出され、その際は乗車できる貴重な機会になる。過去に何度か連結された例があり、編成美が整わない珍ドコ列車となるため、撮り鉄からしてもおもしろい被写体である。




模型の世界の話にうつる。12系(高崎車両センターに所属する6両)はKATO・TOMIXの両社から製品化されていて、先に出したのはKATOの方だった。KATOからオヤ12は製品化されていなかったため、オヤ12を再現するには単品で車両を購入して改造製作するしか方法がなかった。
後にTOMIXが高崎車両センター12系セットを製品化した際に、オヤ12も製品化。通常6両の12系+オヤ12‐1の7両セットで販売されている。抜かりないところはさすがTOMIX、オヤ12のブラインドが閉まった姿や反射板なども付属したセットで、SL回送シーンの再現もやり易い。





先日、乗って楽しい列車の運転再開が発表された。再開してもSL出張の予定はしばらくなさそうなので、オヤの活躍を見ることもしばらくないだろう。また出張運転ができるくらい穏やかな世の中に戻ってほしいなと願うばかり...。


クリックしていただけると励みになります<(_ _)>

にほんブログ村 鉄道ブログへ

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ

鉄道コム


◎◎れいるのおと管理人のTwitterはこちら◎◎