このご時世で自粛続き、溜まったストレスを発散するためにお散歩へ。せっかくなので、羽田空港アクセス線で活用予定の大汐線を観に行くことに(現地までの移動は車、密回避や対策には注意して行動)。

羽田空港アクセス線計画は、都内の路線のうち3か所から線路を引っ張り、羽田空港地下に新設される新駅へ直通列車を走らせるというものだ。そのうち東山手ルートと呼ばれるルートは、現在休止中の東海道貨物線(通称大汐線)の設備を利用する予定になっている。


IMGP6850
休止中の大汐線線路を首都高湾岸線との交差部分から東京方面を眺めた景色。

大汐線は、浜松町~東京貨物ターミナルを結ぶ貨物線だ。休止になって20年ほど経過しているが、施設はおおかた当時のままで残っている。写真の左側を走る東海道新幹線の大井車庫への回送線と共に、JRの田町駅南で東海道線等と並行し、浜松町駅付近まで線路が伸びている。

浜松町駅付近は線路が撤去されているが、上空からみれば線路があったことが窺える。大汐線の休止まではここからカートレインの発着が行われていたようだ。



せっかくの用地だが、ここに線路を引いても東海道線に合流しにくい上、浜松町駅北側に伸びる新設中の歩道橋にぶつかること等が理由で、今回の計画には活用される予定はない。

東山手ルートの計画では、田町駅北側、山手線・京浜東北線の上下線間にある留置線を廃止し、既存の路線をずらして単線地下トンネルへ続く線路を新設。東海道線・東海道新幹線をくぐり、田町駅南側から顔を出して大汐線に接続する予定だ。浜松町~田町の大汐線の活用については発表になっていないため、今後の動向が気になるところ。


IMGP6837
IMGP6843
大汐線を東京貨物ターミナル駅北側から見た景色。

東京貨物ターミナル付近は現在このような状態。大汐線と貨物駅を結ぶ線路には柵が建てられていたり、大汐線だったと思われる土地の付近にJR東日本の実験施設のようなものが建っている。施設にはホームドアや踏切が設置されているのが見えた。
アクセス線計画ではこのあたりに車両の留置線が建設される予定になっていて、ちょっとした留置線などを作るには十分なスペースだろう。

アクセス線計画では、この先の東京貨物ターミナルで臨海部ルート・西山手ルートが合流し、羽田空港を目指す。


IMGP6832
東京臨海高速鉄道の八潮車両基地。

東京貨物ターミナルの東側には、りんかい線の車両基地が存在する。りんかい線本線からの引き込み線で入庫・出庫が可能になっており、臨海部ルートはこの施設を利用し東京貨物ターミナルへやってくる予定。

りんかい線八潮車庫の横に本線が建設予定で、留置線も建設される計画になっている。このまま本線はトンネルに入り、空港地下に建設予定の新駅へたどり着く。新駅は1面2線の15両対応となるようだ。


それぞれのルートから直通列車を考えると、京葉線、上野東京ラインからの常磐線・宇都宮線・高崎線、埼京線、りんかい線の入線が考えられるだろうか。ナンバリングしたとはいえさらに東京の路線が複雑になること間違いなしの計画だろう。利便性が高まるのは確かだとは思うが、なんでも直通させるというのはどうなのだろうという印象を受ける。
JR子会社の東京モノレールの今後についても気になる。りんかい線が抱える運賃問題についても関係してくるだろう。まだまだ課題が多そうな計画だ。

個人的には東京モノレール延伸の方が良いと思うのだが...いろいろ考えた上でのお話なんでしょう。



クリックしていただけると励みになります<(_ _)>

にほんブログ村 鉄道ブログへ

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ

鉄道コム


◎◎れいるのおと管理人のTwitterはこちら◎◎