れいるのおと

2、3日に1回くらいのペースで、鉄道についてあんなことやそんなことを語っています。

ご訪問ありがとうございます。
ブログ名が似ているサイトがいくつかあって恐縮ですが、当ブログは他のサイト・ブログ等と一切関係ありません。

記事内容に補足や訂正のコメントをいただき助かっています。個別返信をしないことも多いですが、この場でお礼申し上げます。

今回はちょっと特殊なSL伴走車のお話を。残って活躍している客車列車が少ない中、事業用客車というのはもはや風前の灯火。目立った活躍はなくとも救援車として残っていたスユニ50やマニ50等が先日廃車になったばかりで...。そんな中でも、JR東日本で現役で活躍している1両が ...

2015年3月に開業した上野東京ライン(通称UTL)。この路線に入線した車両を知りたくなったのでまとめてみた。参考程度にご覧いただきたい。●E231系・0番台(常磐線)・1000番台(横コツ車・宮ヤマ車)●E233系・3000番台(横コツ車・宮ヤマ車)UTL開業する頃に所属先が田町車両セン ...

今日7月1日より、N700Sが営業運転を開始。ということでN700Sの話でも。N700Sは、N700系の形状を改良して登場した形式。SはSupureme(最高の)から来ていて、N700系の更新タイプN700A(Advance)に倣ったネーミング。座席や制御システムの改良、床下機器の見直し等が行われている ...

先日、京浜東北線に新車を導入してワンマン運転化することを検討しているとニュースになった。報道によれば、車体側面に取り付けたカメラで監視できる状態にすることで、ワンマン化を図るというもの。これはE531系3000番台等に既に取り付けがされているため、一定の成果が出 ...

自粛解除の影響で急激にやることが増え、更新が滞っていた。最近は新金線に新たな線路を建設中だと話題になった(複線化が騒がれたが実際は線路移設のためだったらしい)。ということで新金線の旅客化について、ちょっとした考察をしてみようと思う。新金線とは、常磐線の金町 ...

このご時世で自粛続き、溜まったストレスを発散するためにお散歩へ。せっかくなので、羽田空港アクセス線で活用予定の大汐線を観に行くことに(現地までの移動は車、密回避や対策には注意して行動)。羽田空港アクセス線計画は、都内の路線のうち3か所から線路を引っ張り、羽田 ...

今から5年前の2015年6月28日、当時秋田車両センター所属だったの583系N1・N2編成を使用したリバイバルみちのく号が運転された。ふくしまデスティネーションキャンペーンの一環として、東北新幹線開業とともに姿を消した列車を、みちのく号を担当していた583系で運転するとい ...

またまたお召し列車に関するお話。お召し列車は結構好きなもんで...良ければお付き合いください。天皇家の方々が御乗車になるお召し列車は、入念な試運転はもちろんのこと様々な警備警戒を行い、万が一に備えた用意もして行われる。お召し列車の本運転時には、運転前に線路等 ...

EF64の記事連投になりますが...KATOから発売された、EF64 1030(長岡車両センター)が入線。ちゃちゃっと整備を終わらせたので軽くレビュー。KATO 3023-7 EF64 1030 長岡車両センター通称"死神"のEF64のうち、1030号機が製品化。これでKATOは死神3機すべて模型化したことに ...

KATOから、EF64形機関車の1030号機が発売される。というわけで、EF64のお話。JR貨物とJR東日本が所有するEF64-1000。JR貨物では大宮更新色と広島更新色と原色、JR東日本では原色とぶどう色2号(通称う〇こハチマキ)の塗装機が活躍中だ。JR東日本で活躍するEF64のうち1030~103 ...

ついにこの日が来た。昨日、最後の651系0番台が郡山車両センターに廃車回送されてしまった。というわけで、651系についてのお話。651系は、常磐線で活躍していた特急車両。JR東日本初の特急車両であり、初めて130km/hで営業運転を行った車両でもある。定期運用を失って早5年 ...

特別車両の画像が出てきたので、今回はその話でも。主に天皇皇后両陛下が利用するために運転されるお召し列車。陛下が御乗車になる御料車と関係者が乗車する供奉車で構成され、お召し1号編成という特別に組まれた客車を牽引する形で運転されてきた。国鉄の貴賓車としてクロ15 ...

今回はちょっと妄想話というか考察を。JR東日本の機関車について考えてみようと思う。JR東日本が所有する電気機関車は、EF64、EF65、EF81、ED75の4形式(保留車でEF58)。ディーゼル機関車は6形式、SLは4形式が活躍している。機関車といえば田端と高崎で、この2か所に多くの車 ...

外出自粛で自宅に引きこもる毎日で、例によって昔の画像を漁った記事になるが...今回は189系M52編成の話でも。M52編成は、豊田車両センターに所属していた6両編成の189系。元田町車両センター所属のH102編成で、ムーンライトながらを担当していた車両である。2013年に登場、 ...

多くの車両が検査を行うために入場する秋田車両センター。JR東日本の機関車は主にここで検査を行っており、田端や高崎に配置される機関車が機関車牽引によってはるばる回送される。近年は機関車整備の技術力が認められ、他社線のDE10(衣浦臨海鉄道のKE65)の検査も受け持って ...

御徒町~秋葉原にある留置線のお話。上野東京ラインと繋がる留置線が、秋葉原駅北側にある。正式に何というかはわからないが、秋葉原電留線や御徒町留置線などと呼ばれ、最大で15両4編成が収容可能な電留線だ。最近では上野東京ライン(長いから以下UTL)の開業により上野発着 ...

国鉄からJRの旅客6社すべてに車両が継承されたキハ40系。車齢40年を超え引退ムードが漂い始めており、JR東海では既に所有数0。JR西日本、JR四国、JR九州の3社は今の時点で廃車数がほぼ0に等しく、もうしばらくは活躍を見込んでも良さそうだ。JR北海道は新車との兼ね合いで徐 ...

2016年にグリーンマックスから発売されたE653系フレッシュひたち。4年前の製品だが今回、黄色編成が入線した。緑編成の時はちゃちゃっと済ませたので、今回はちょっとだけ詳細に書いてみようと思う。E653系0番台は1997年に登場した特急型車両だ。ひたちの停車駅が多いタイプ ...

外出自粛の時間を使って模型整備を進めていると、EF81-81が出てきた。せっかくなのでEF81-81をレポ。EF81-81は田端機関区に所属する交直流対応の機関車だ。元は富山機関区所属で後に田端に移って現在まで活躍中。お召し列車牽引の指定機となっており、お召し列車1号編成を牽 ...

いつも当ブログを見ていただきありがとうございます。れいるのおとを立ち上げて1年と3か月、多くの方に見ていただいて感謝感謝です。ブログは僕の趣味として昔から書いており、れいるのおとは5サイト目くらいに当たります。昔から鉄道について触れたブログを書くことが好きで ...

JR東日本の数あるジョイフルトレインの中で、初めて485系を名乗った車両が485系シルフィードという車両だ。登場から10年ほど経過したときに、車両のリニューアルと改番が行われ700番台NO.DO.KAが生まれた。余剰となっていた183系のグリーン車サロを改造する名目で誕生したが ...

JR九州鹿児島本線の起点であり、JR九州管内で最北端に位置する門司港駅。関門連絡の拠点になっていた駅だが、関門トンネル開通によりその役割を終えている。現在は貿易・物流の名残が残る街として観光地に。門司港レトロという名で整備され、九州鉄道記念館や貨物支線廃線跡 ...

E231系の開発中に、103系の故障が多発したために急遽導入された209系500番台。E231系量産化が決まるまでの繋ぎであったため、わずか10両17編成のみの製造された。量産先行車であった209系950番台による開発試験が終了したため、17編成で製造を終えE231系がデビュー。209系950 ...

1999年に登場し、上野~札幌間を17年にわたって走り続けた寝台特急カシオペア号。北斗星やトワイライトエクスプレスよりも高いサービスを提供する車両として導入され、全車A寝台を備えた人気列車だ。・EF81からEF510へカシオペアはデビュー当時から、田端機関区のEF81牽引で ...

常磐線の取手までの快速線で活躍し、15両編成を組むJR東日本の車両の中で唯一オールロングシートで運転されているのが、常磐線のE231系0番台だ。走り続けることまもなく20年を迎える車両で、運用範囲は品川から取手までと成田線我孫子支線までと幅広く活躍している。総武線車 ...

国鉄特急色はクリーム4号の車体に赤2号の帯を入れた塗装だ。183・189系や485系など、国鉄時代に活躍した多くの車両がこの塗装を纏っていた。185系は国鉄時代に登場した車両だが、趣向を変えて斜め帯を塗装されて登場。新幹線リレー号を担当していた200番台は200系を模した塗 ...

車両は違えど、同じ形式を名乗られることが何度かあったE991系。1994-1999年に活躍したTRY-Z、2000年に登場した研修機械がともにE991系を名乗っている。研修機械は、JR東日本総合研修センターに配置されている車両だ。2000年に登場し、209系をもとにしてJR東日本カラーの帯を ...

JR東日本で活躍する機関車EF65はみな、青15号と呼ばれる青色の車体にクリーム1号と呼ばれるクリーム色が塗られた通称国鉄色を纏っている。その中で1両だけ特殊な塗装を施された車両がEF65-1118だ。高崎操工臨を牽引するEF65-1118。12系・14系客車のジョイフルトレイン「スー ...

貨物列車は今は基本的にJR貨物が担当しているが、少し前まではJR東日本の機関車が担当することも少なくなかった。JR東日本には、EF81などのJR貨物でも活躍する機関車が残っている。工臨や客車牽引担当で在籍する機関車が貨物運用に就いていた。高崎操発隅田川行き2082レを担 ...

Nゲージを趣味にしていると入線させたい車両は山ほどあるものだ。外出自粛でお金がないなか先日E531系を導入した当区に、以前からずっと導入したかった車両がまた入線。ちょうどタイミング良く良品が転がっていたのでつい購入。タイミングが重要だと思うと欲を止められないの ...

天皇皇后両陛下がお乗りになるお召し列車。国鉄時代から続く伝統と歴史ある列車だ。高級感があり格式高く、セキュリティ等の対策も万全に施した、御乗車されるにふさわしい特別車両が用意されてきた。特別車両と言ってもやはり鉄道車両であるため、老朽化等をきっかけに何度 ...

埼京線という路線がある。正式に分けると区間ごとに名称が異なり、大宮~赤羽は東北本線の支線、赤羽~池袋は赤羽線となっていて、池袋以南は山手貨物線(湘南新宿ライン)に乗り入れる体制を取っている。大宮や池袋など主要な都市を結ぶ路線である埼京線だが、この路線に入線 ...

1987年に国鉄が民営化されてできたJR。国鉄で製造・導入が進められていた205系は、そのままJRが引き継いで製造・導入していた。だが、103系の置き換え時期が迫っていたため、新たな次世代車両をとなり生まれたのが209系だ。209系は様々な新しいコンセプトが取り入れられた。 ...

寝台特急あけぼのといえば、上野~青森を結んだ往年の夜行列車である。ブルートレインのイメージが強いが、繁盛期等には臨時列車として583系や485系が担当したことがある。寝台特急あけぼのは誕生から廃止まで、何種類かの経路変更、何回かの車両変更が行われて運行された歴 ...

コロナウイルス拡大防止で自宅に引きこもること約1か月、めんどうになって後回しにしていた室内灯加工や諸々のNゲージ弄りもやり尽くした。せっかくなので新車導入をと思い、KATOのE531系を入線させた。E531系を15両フルで購入。基本編成の10両は、KATOの10両用車両ケースに ...

国鉄からJRへ引き継がれてから、JR各社はこぞって高速化運転を目指した。JR東日本の特急は最高時速160km運転を目指しており、そのための試運転に253系が使われた。埼京線は赤羽から大宮手前まで、東北新幹線に沿って走っているためカーブがゆるやか。また、この区間は全線高 ...

国鉄時代に登場し、全国各地で様々なバリエーションで様々な運用を担った485系。ジョイフルトレインに改造された車両も多く、特にJR東日本ではいくつもの列車が誕生、活躍した。そんな中、同じくJR東日本で改造されたのに、ジョイフルトレインでも定期列車用でもない異端児い ...

常磐線や武蔵野線には毎日数多くの貨物列車が走っている。牽引機はEH200やEF210などのJR貨物が製造した機関車や、EF64やEF65などの国鉄時代から活躍する機関車まで種類豊富だ。2013年3月まではDE10が牽引する定期貨物列車の1351レが1本走っていた。区間は田端操車場~越谷貨 ...

700系が引退して1か月以上経過した。今更だが、700系のグリーン車に乗車した際の画像が出てきたので、レポートしようと思う。東海道山陽新幹線を走る車両は、JR東海所属車両とJR西日本所属車両に分けられている。700系も東海所属編成にはC、西日本所属の編成にはBの記号が、1 ...

東京の秋葉原から茨城のつくばまでを結ぶつくばエクスプレス(通称TX)という路線がある。首都圏新都市鉄道が運行する路線で、自動運転、全駅にホームドア設置、最高時速130kmを出して走るという特殊な路線だ。全国的な知名度はあまりないかもしれないが、他のどの私鉄とも違っ ...

↑このページのトップヘ